登山装備

登山オーバーミトン~白馬岳で吹き飛ばされた

予期せぬ突風 ある年の4月初旬、栂池ヒュッテ付近に設営したBCから、白馬岳に向かって長躯アタックを試みました。二つ玉低気圧が日本列島を縦断している最中で、猛烈な風が吹き荒れていました。明日には下山しなくてはなりません。諦めきれ...
Tips

HTAでもしもアフィリエイトからカエレバ風HTMLコードを生成する

登山やクライミングとは関係ない記事です。 2019年1月、「カエレバ」の仕様が変わった 2019年1月、「カエレバ」の仕様が変わりました。 ☞ カエレバ・ヨメレバ切り替え完了のご報告 ヨメレバブックマークレットの変更と、つなぎサー...
登山装備

1980年代の雪山装備を考証してみた

「山と渓谷」など山岳雑誌で、よく全装備をひろげた写真が掲載されます。冬山に本格的に取り組もうとしていた頃に真似してみました。我ながら微笑ましい。今となっては貴重な写真です。 写真の左上 (1) 綿のタオル (2...
Tips

Excel VBAでもしもアフィリエイトからカエレバ風HTMLコードを生成する

登山やクライミングとは関係ない記事です。 2019年1月、「カエレバ」の仕様が変わった 「カエレバ」の仕様が変わりました。 ☞ カエレバ・ヨメレバ切り替え完了のご報告 ヨメレバブックマークレットの変更と、つなぎサービス「カエレバ風...
登山装備

雪山登山で水を作るための寒冷地用ガスカートリッジを比較検証

雪山で1日の3分の1は雪を溶かしたり炊事したり ラインホルト・メスナーの「極限への挑戦者」を読んでいたら、面白い文章が目に留まりました。チョモランマ単独無酸素登頂の二日前の独白です。「チョモランマ単独行」にはこの文章は見当たりません。...
登山装備

グリベルの一番人気アイゼン、エアーテック・ニュークラシック詳細

メーカーや輸入代理店がそう発表しているわけではありませんが、店頭の在庫状況を見る限りでは、グリベルの一番人気アイゼンは「エアーテック・ニュークラシック」(Air Tech New Classic)です。 人気の理由は、 ...
登山装備

登山オーバーシューズおすすめ~簡易型が使いやすい

これから本格的に雪山に登ろうというのに四季用の登山靴を買ったのは、オーバーシューズを履けばある程度の保温性と防雪性を確保できるという計算があったからです。 オーバーシューズってどんなモノ? アライテントのサイトでは「あま...
登山装備

昔ながらのツバ付きの目出し帽(バラクラバ)が登山用品店から消えた

雪山復帰の初戦。 私は黒百合平から東天狗岳を目指して登りました。樹林帯から稜線にさしかかると、風雪が強まり、目に雪が飛び込みます。サングラスをかけよう。うわっ、一瞬で曇った。あれれっ、こんな感じだっけ? 仕方なくサングラスなし...
登山装備

雪山テント泊でバチ効きするスノーペグ、Easton Gold 24″ / イーストン・ゴールド24″ ペグ

宅配便で謎の長い物体が届いた プチプチの中に金色の物体が梱包されている 先端が尖っている 引き抜いて、反対側を見ると、釘の頭みたいな形状になっている EASTONというメーカーロゴが刻印されている イースト...
登山装備

雪山登山でツェルトより使いやすいサバイバルシェルター

私は緊急時のシェルターとして、家型のツェルトではなく、ライフシステムズ(LIFESYSTEMS)のサバイバルシェルター2(SURVIVAL SHELTER 2)を携行しています。 「ツェルトより使いやすい」のは、もちろん特定の...