雪山登山、達人が選ぶグローブ

雪山登山、達人が選ぶグローブ

懐かしのハンガロテックス

懐かしのハンガロテックス

定番のハンガロテックスのウール製グローブ(Hungarotex Wool Gloves)、持ってました。未脱脂ウールで水を弾きやすい。とうの昔に断捨離しました。

ネットオークションではなかなかのお値段が付いているようです。さして嵩張るものじゃなし、保管しておけばよかった。

現在、登山用品店でよく見かける未脱脂ウール製手袋といえばこちらです。

ラックナー純毛手袋 – MAGIC MOUNTAIN

手袋を着干しする

雪山の手袋といえば、「単独行」のなかで加藤文太郎が書いています。(正確には、藤木九三による引用)

雪の山で小屋場に着いた時など、そして薪や炭が得られない場合、メタなりアルコールなりを燃やして暖かいものを摂ることの有利なのは解り切っているが、吹雪のはなはだしい夜などチロリチロリと燃える焔を見詰めているだけでもどれだけ気が引き立つか知れない。そして僅かな暖かみを利用して濡れた手袋でも乾かそうと努力することによって、常に生気を取り戻すことが出来る。

これを読んで、雪山ではメインの手袋ひとつを露営中に乾かしながら使うものだと思い込んでいました。いわゆる「着干し」です。

森林限界の上と下とで手袋を使い分ける

バックカントリー穂高さんはYoutube動画「冬山登山 グローブのレイヤーリング方法 厳冬期のアルプスなど高山帯で手を守る」で、1日のなかでも森林限界の上と下とで手袋を使い分けるシステマチックな方法を紹介されています。樹林帯の登高で濡れた手袋はスペアと交換し、フトコロ(重ね着したアンダーウェアのあいだ)に入れて体温で乾かしながら行動を続けます。濡れては乾かし、濡れては乾かし、とローテーションします。露営中に火であぶるより効率が良さそうです。

達人はどのメーカーのどの製品を使用しているのか、画面で確認できるのはざっと以下のとおりです。(間違いがありましたらすみません)

Gloveland / ウィンドストッパー グローブ

樹林帯をこれで歩き始めます。ウインドストッパーで風を防ぎ、濡れにくく、内側がフリースなので保温性もある。好条件ならこれで稜線上の行動までカバーします。

THE NORTH FACE / マウンテンシェルグローブ

寒ければこれを上にかぶせます。ペラペラなので少しくらい濡れても乾かしやすい。

Black Diamond / ヘビーウェイト スクリーンタップ

フリース製で全ての指がスクリーンタッチ対応。前記の「ウィンドストッパー グローブ」と「マウンテンシェルグローブ」の組み合わせで暑すぎる場合は、内側をコレに交換します。

➡ Black Diamond ヘビーウェイト スクリーンタップ – LOST ARROW

Bridgedale / メリノグラブ

前記のフリースグローブの予備。素材はメリノウール100%で少しくらい濡れても冷えにくい。

➡ Bridgedale ニットキャップ、グラブ – MAGIC MOUNTAIN

Black Diamond / スーパーライトミット

中綿はプリマロフト。最高に温かい。稜線専用として、濡らさないように温存します。

➡ Black Diamond スーパーライトミット – LOAT ARROW

常用はされていないようですが、以下の製品も画面に登場します。

Black Diamond/ ソロイスト

中綿はプリマロフト。手のひらは山羊皮で補強。登攀要素が強いルート向き。

Black Diamond ソロイスト – LOST ARROW

Black Diamond / ガイド フィンガー

保温性と操作性を両立する3本指タイプ。厳冬期の登山やバックカントリースキーに適しています。

Black Diamond ガイド フィンガー – LOST ARROW

モンベルの値頃品で揃える

モンベルの値頃品で揃える

私は値頃品で揃えました。結果的に全てモンベル製品です。

モンベルの小物のなかでも手袋は驚くほどバリエーションが豊富で、モンベルショップに行けば全ラインナップを見て触れるので、自分なりのシステムを構築しやすい。

mont-bell /トリガーフィンガーオーバーミトン ロング

いわゆる「オーバー手袋」。深雪のラッセルを想定し、肘の近くまで長さがあるものが欲しい。

➡ トリガーフィンガーオーバーミトン ロング – mont-bell

mont-bell / ウインドシェルグローブ

薄いナイロンの表地、起毛の裏地でコンパクトです。最低限の重量で、防風性と保温性を確保しています。細かい作業をするときに便利だろうと考えて購入しました。

➡ ウインドシェルグローブ – mont-bell

mont-bell / ウール マウンテングローブ

ざっくり編みの手袋です。ハンガロテックスの代わりですが、もちろん未脱脂ではありませんし、厚みもかないません。私はたいていの着用品はLサイズですが、この製品はきつめに感じたので、XLサイズを選択しました。

➡ ウール マウンテングローブ – mont-bell

mont-bell / シャミースインナーグローブ

薄手のフリースながら手首部分が長めで保温性が高い。「ウインドシェルグローブ」より暖かく感じるくらいです。私は冬場のジョギングや自転車でも普段使いしています。嵩張らないのでダウンジャケットのポケットに突っこんでおいても邪魔になりません。タッチパネル対応。お値段お手頃。これは良い買い物でした。(2018-2019シーズン、廃番になったようです)


以上、保温性はかなり控え目です。山行を重ねながらバージョンアップしていきます。

軍手も捨てたもんじゃない

綿製の軍手は濡れると乾きにくいので、雪山に適さないと言われがちですが、私はひとつ携行するようにしていました。

  • 熱い鍋を持つ
  • 熱い鍋や食器を床に置くとき敷物にする
  • 雪を融かす鍋底についた水滴を吸わせる
  • 床にこぼれた水をぬぐう。

ほとんどフキン扱いです。

綿100%だと熱で溶けにくい。煮込み料理などで過熱した鍋の取っ手をつかむ機能においては、並みいる高機能・高価格の手袋をしりぞけて、軍手の独壇場です。ただし、濡れた軍手で過熱した鍋を持つのはご用心。一瞬にして、熱を吸収して、穴があくことがあります(経験者談)。

安価なので手荒に扱えて、汚れたら惜しげもなく捨てることができます。と言いながら、少々の汚れは洗濯で落とせるため、意外と一双を長いこと使うものです。黄ばみやシミに妙に愛着が湧いたりして。

こちらは370度以上の温度でも融解せず、断熱性すなわち保温性もあるという高級軍手です。昔はもてはやされましたが、現在ではひっそりと?取り扱われています。

ノーメックスグローブ – mont-bell

鍋置き用の敷物としては、テントの床に銀マットを敷き詰めれば、床全体がその役割を果たしますし、水滴をぬぐうならキッチン用のスポンジのほうが吸水、脱水とも優れています。

100均の手袋こそ侮れない

100均の手袋こそ侮れない

軍手と同じ価格帯では、100均の手袋こそ侮れません。たいていポリエステルやアクリル素材なので濡れても乾きやすい。かなり分厚いモノもあります。登山用品店に並んでいる10倍~20倍の価格のモノと比べて、10倍~20倍の性能差があるのだろうかと思います。

予備として、はたまた手袋を忘れたり、濡らしてしまった仲間に貸し出す用途に向いています。山岳ガイドの方は、自分で使う以外にも「お客さんが手袋を忘れることがよくあるので、余分に携行しておき貸してあげる」とのこと。

伏兵、「防寒テムレス」

知る人ぞ知る、雪山フリーク御用達アイテムです。近所のローソンにたまたま置いてあったので驚きました。そのときは買いそびれましたが、のちにAmazonでポチりました。

防寒テムレスを雪山グローブとして実戦投入する
雪山の達人たちのあいだで好評な防寒テムレスを実戦投入してみました。防寒テムレス紹介動画防寒テムレスって何? という方は、まずこちらの動画からどうぞ。本家:ショーワグローブさんバックカントリー穂高さんこちらの動画で紹介されているのは「防寒テム

一見、ただのゴム手袋ですが、透湿性と防水性を兼ね備えたポリウレタンを採用し、内側はボアタイプの起毛を施しています。それこそ土木作業的な、雪洞を掘るような場面で大活躍します。挿入口が広いので、深雪をかきわけたり、風雪のなかで着用しつづけるのは辛い。愛用者は手首を絞るための布地やバンドを縫い付けて利用されています。

2018年12月に待望の黒い防寒テムレスが登場しました。

変更履歴

  • 初公開(2017年1月18日)
  • 写真の差し替え、追記など。(2019年1月3日)
登山装備
Kamiyama Online

コメント