雪山登山おすすめシングルウォール自立式テント、シェルター

雪山単独行で使うテントを新調する予定です。

選定するにあたって最初に、

  • シングルウォールかダブルウォールか
  • 自立式か非自立式か

という選択肢があります。

この記事では自立式シングルウォールを扱います。

☞ 自立式のダブルウォールについての記事はこちら

重量は1.0kg未満を目指しますが、やや余裕をみて1.0kg~1.5kgも視野に入れます。

有力な候補について、スペック、特徴、感想をまとめてみました。

1.0kg未満

アライテント / ライズ1

主要なスペック

サイズ 間口100×奥行200×高さ95cm
重量 980g(本体+フレーム)
防水性と透湿性 耐水圧:1,000㎜/㎠
透湿度:10,000g/㎡/24hr
生地のスペックは、サカイオーベックス株式会社の「エスフレッチャーSFRETCHER」(PDF)を参照

特徴

  • 軽量化と耐久性のバランスを考慮している。(本体30デニール、底部40デニール)
  • 底部のL字型ファスナーにより、ツェルトのようにかぶったり、土間を作ったりできる。
  • ベンチレーターは2つあり、1つは大きくて低い位置に付いている。
  • 出入口にモスキートネットが付いていない。ベンチレーターにはモスキートネットが付いている。
  • 内部にはモノを吊り下げるためのループやポケットはない。
  • 出入口の準L字型ファスナーにより軽量化している。
  • エスフレッチャーは透湿性が高めである。

感想

  • 1984年初登場
    ドーム型シェルターと言うと、普通のドーム型テントの素材や機能を切り詰める発想の製品が多いです。ところが、ライズ1はアライテントが「自立式ツェルト」という発想から企画した製品で、なんと最初に発売されたのは1984年。メーカーが紹介ページに掲げる「世界で最も軽い自立式シェルター」という称号は後発製品に奪い取られた格好ですが、いまだに比較検討の対象として最新の製品たちと肩を並べてエントリーするのがすごい。
  • 下部ベンチレーターがいろいろ使える
    岩稜帯など不安定な場所に設営した際にセルフビレイ(自己確保)用のロープを通すことができます。寝そべったまま外の様子を見ることができます。雪山では水作り用の雪を取り込むことができます。寝静まったテント場でファスナーを開閉する音を立てずに、カップのすすぎ水などを外に捨てることができます。
  • 底部のL字型ファスナーがいろいろ使える
    雪山で土間を作って、アイゼンの着脱ができます。内部に侵入した雪や土を簡単に掃き出すことができます。雨天時の浸水が気になるところですが、「大雨の時にも使ってますが床のファスナーは数センチ高い位置にあり浸水はしません」「すべてのファスナー部分にはフラップがついてます」と報告されています。
  • 出入口の準L字型ファスナーは軽量化と使い勝手を両立している
    ダンロップ(プロモンテ)社のテントや、古くはニッピンのメスナー型テントでは長辺の出入口がL字型ファスナーになっています。短辺についているのは珍しい。標準的な逆U字型ファスナーより(たぶん)軽量で、全開したパネルが地面に落ちて汚れたりしません。その代わり、屈曲部があるためワンアクションでは開閉できません。

ひとまわり大きい「ライズ2」(間口130×奥行210×高さ105cm)は重量1,150gです。底部のL字型ファスナーはありません。

参考リンク

ヘリテイジ / クロスオーバードーム

主要なスペック

サイズ 間口100×奥行210×高さ105cm
重量 700g 本体、ポール、スタッフバッグ込み
防水性と透湿性 耐水圧:1,000㎜/㎠
透湿度:8,000g/㎡/24hr
透湿ポリウレタンコーティング

特徴

  • 2015年9月初登場
  • 軽量化を優先した生地(本体、底部とも15デニール)
  • 出入口の逆L字型ファスナーが長辺に付いている。
  • 内部にはモノを吊り下げるためのループやポケットはない。
  • 出入口・ベンチレーターともモスキートネットが付いていない。ベンチレーター用のモスキートネットは別売で用意されている。

感想

標準的なドーム型テントの居住性の高さ、設営のしやすさを維持しつつ軽量化をはかった製品です。ライズ1のような特筆すべきギミックはありません。底部の生地が薄いので、小石混じり地面の上で引きずったり、体重を強くかけたりすると、穴があくおそれがあります。別途フットプリントを用意したほうがよいでしょう。

ひとまわり小さい「クロスオーバードームf 」(間口75×奥行200×高さ95cm)は重量600gです。高さ95cmは内寸です。2017年6月に初登場しました。

居住空間を切り詰めた以外は「クロスオーバードーム」と同じスペックと特徴をもっています。装備を極限まで切り詰めたいときの選択肢となります。

さらに、ひとまわり大きい「クロスオーバードーム2」は(間口130×奥行210×高さ110cm)は重量770gです。2019年春に初登場しました。

参考リンク

ヘリテイジ / エマージェンシー ドーム

主要なスペック

サイズ 間口100×奥行210×高さ105cm
重量 660g 本体、ポール、スタッフバッグ込み
防水性と透湿性 耐水圧:1,000㎜/㎠
透湿度:8,000g/㎡/24hr
透湿ポリウレタンコーティング

特徴

  • 初登場は2005年頃。「Rock&Snow」029号(2005年秋号)p.105に紹介記事あり。ポールスリーブも含め全体がオレンジ色。《素材は薄手のナイロン。完全防水ではないが、アクリルコーティングが施してあり、小雨程度なら問題ない。ポールを合わせた重量は730g。同サイズで超軽量とされるゴアテックスやエピック製テントの6割程度だ。ただし、それらに比べて防水性はもちろん透湿性も劣るので、結露するのが弱点。》
  • 軽量化を優先した生地(本体、底部とも15デニール)
  • 縫製ラインのシーリングは行っていない。
  • 出入口の逆L字型ファスナーが長辺に付いている(縦ファスナー、横スナップボタン)。
  • 内部にはモノを吊り下げるためのループやポケットはない。
  • 出入口・ベンチレーターともモスキートネットが付いていない。
  • ベンチレーターは短辺に2つ付いており、どちらも頭を出せるくらい大きい
  • 底部をスナップボタンで開くことができる。

感想

  • ヘリテイジのドーム型シェルターのなかで最古参
    ツェルトからクロスオーバードームへと進化する過程の中間に位置する製品です。
  • 底割れ式のデメリット
    上部はシームシーリングされておらず、しかも底割れ式なので雨天時にテント代わりに使うのには向いていません。むしろ雨の心配がない雪山テント泊に向いています。
  • 底割れ式のメリット
    ツェルトに近い使い方ができます。雪山の縦走なら、夜はテントとして使用し、昼間は休憩時にツェルトとして引っかぶれば一石二鳥です。無雪期には本体だけをツェルト代わりに携行するという手があります。
  • 出入口の一部がスナップボタンになっているのは面倒くさい
    軽量化にたいして貢献しているとも思えません。ここをファスナーにすれば売れ行きが伸びるのではないでしょうか。

参考リンク

モンベル / U.L.ドームシェルター 1型

主要なスペック

サイズ 間口210×奥行90×高さ95cm
重量 775g 本体、ポール、スタッフバッグ込み
防水性と透湿性 耐水圧:600㎜/㎠
透湿度:不明
コーティングにより気密性が高い

特徴

  • 2005年にODBOXがモンベルと共同開発
  • 軽量化と耐久性のバランスを考慮している。(本体15デニール、底部30デニール)
  • 出入口の逆U字型ファスナーが長辺についている。
  • 内部にはモノを吊り下げるためのループやポケットはない。
  • 出入口側と奥側に2箇所、ベンチレーションのメッシュになっている。閉じることはできない。
  • インナーポール式。片側を外から挿入する。

感想

  • 生地に透湿性がない
    本体生地の耐水圧は600㎜/㎠と低めです。そのわりに透湿性がなく、常時開放のベンチレーションで換気します。ひさしがあるので、真上からの雨は降り込みにくいものの、横風が吹くと降り込みやすい。通気性のある生地と、閉じることのできるベンチレーションを備える方向に進化してほしいところです。
  • インナーポール式はアウターポール式より面倒くさい
    インナーポール式は最小のポールの長さで最大の居住空間を確保できるので、軽量化に貢献します。悪天時に内側から設営できるメリットがあると言われますが、ポールの張力はかなり強いので、内側でポールを連結して四隅に固定するのは大変です。外でさっとポールを連結して設営したほうが全体の労力は少ないでしょう。そのせいかどうかわかりませんが、2018年モデルで片側を外から挿入するように仕様変更されました。天井にループの類はありませんが、ポールが剥き出しなので、細引き等をわたして物をぶら下げることが可能です。

ひとまわり大きい「モンベルU.L.ドームシェルター 2型」(間口210×奥行130×高さ95cm)は重量860gです。

居住空間が広い以外は「1型」と同じスペックと特徴をもっています。

衣類や寝袋が内壁に接触しにくいため、結露しやすいデメリットが軽減されます。重量の差は85gなので、よほどミニマリズムを極めたい人以外には「2型」がおすすめです。

参考リンク

オクトス / シングルウォールテント

主要なスペック

サイズ 間口100×奥行209×高さ95cm
重量 972g 本体、ポール、リペアポール、スタッフバッグ込み
防水性と透湿性 耐水圧:1,000㎜/㎠
透湿度:8,000g/㎡/24hr
40DナイロンPUコーティング

特徴

  • 軽量化と耐久性のバランスを考慮している。(本体15デニール、底部40デニール)
  • 出入口の逆U字型ファスナーが短辺についている。
  • 内部にはモノを吊り下げるためのループやポケットはない。
  • 出入口側と奥側に2箇所、ベンチレーションのメッシュになっている。閉じることはできない。
  • インナーポール式。

感想

モンベルの「U.L.ドームシェルター1型」に酷似しています。安易な模倣かと思いきや、耐久性と透湿性を高めたダークホース的な製品です。

主な相違点は次の通りです。

  • やや広い。(短辺90cm⇒100cm)
  • 出入口が短辺に付いている。
  • 底部の生地が厚い。(30デニール⇒40デニール)
  • 本体生地に透湿性がある。(なし⇒8,000g/㎡/24hr)
  • ポール径がわずかに太い(8.5mm⇒8.8mm)
  • ポール末端の「球」が大きい。
  • 四隅をゴムシートで補強してある。
  • 張り綱(別売)の取り付け位置がやけに高い。
  • 重量が増えている。(775g⇒972g)
  • やや安価である。(36,000+税⇒34,560円)

モンベルの「U.L.ドームシェルター1型」でいちばん不満な「本体生地に透湿性がない」弱点を解消しています。ベンチレーションを閉じることができればなお良かった。生地の厚さやポール径を見るかぎり、耐久性も上回ると期待できます。重量は増えています。

ひとまわり大きい「ULシングルウォールテント2人用」(間口118×奥行209×高さ105cm)は重量1,077gです。

居住空間が広い以外は「1人用」と同じスペックと特徴をもっています。

衣類や寝袋が内壁に接触しにくいため、結露しやすいデメリットが軽減されます。重量の差は105gなので、よほどミニマリズムを極めたい人以外には「2型」がおすすめです。

参考リンク

LOCUS GEAR / Djedi DCF-eVent Dome

Djedi DCF-eVent Setup

主要なスペック

サイズ 間口130×奥行230×高さ105cm
重量 880g(本体+フレーム) 980g(メッシュドアパネル付き)
防水性と透湿性 耐水圧:15,000㎜/㎠
透湿度:50,000g/㎡/24hr
DCF-eVent

特徴

  • ダイニーマ繊維の不織布にeVentのメンブレン(膜)をラミネート。
  • ファスナー周り以外には縫い目がない。
  • インナーポール式。
  • 長辺が230cmある。

感想

ウルトラライト界隈で有名なガレージメーカー(と言っては失礼か)による少量生産品。X-TREK(ゴアテックス)製のテントが市場から消えようとしている現在、ゴアテックスと同じePTFE素材であるeVent(イーベント)に期待したいところです。

「DCF」とは「ダイニーマ・コンポジット・ファブリックス」の略で、ダイニーマを使った生地のことです。

天頂部の出入口側は庇状で、その下がベンチレーション用のメッシュとなっています。出入口を風下に向ければ雨や雪が吹き込みにくい。庇を支える突っ張り棒はベルクロで立てたり倒したりできます。

長辺が230cmと長いため、寝袋の頭や足元が内壁と接触しにくいです。

参考リンク

1.0kg~1.5kg

プロモンテ / VB-20

主要なスペック

サイズ 間口205×奥行120×高さ100cm
重量 1,140g 1,280g(総重量)
防水性と透湿性 耐水圧:4,500mm
透湿度:25,000g/㎡/24h (B-1法)
高通気エントラント(従来の50倍の通気性)

特徴

  • 2019年春に初登場。
  • 軽量化と耐久性のバランスをとった生地の配置(本体20Dナイロン+メンブレン+7Dポリエステルトリコット、底部30デニール)
  • 出入口のL字型ファスナーが長辺に付いている。
  • 出入口・ベンチレーターともモスキートネットが付いている。

感想

X-TREK素材のテントが廃番になる中、新世代の防水透湿(通気)素材として「高通気エントラント」が登場。2018年にこの素材を使ったトレランジャケットの試作品が限定販売されるなど注目されていました。2019年春夏から多くのブランドで使われる見込みですが、素材名を明記した市販品としてはテント分野が先行した恰好です。(ノースフェイスのウェアでお馴染みのハイベントは東レが同素材をカスタマイズして供給していると推測されます)

軽さを重視しつつ、耐久性とのバランスをはかった中庸のデザインとなっています。雨天時の前室を確保したければ、ダブルウォールシリーズのフライシートを流用できます。

耐風性能についてやや気になる点があります。

  • 張り綱用のテープ(ループ)がテント面と垂直に縫い付けられている。
    地面方向に引っ張られたとき、片端から引き裂く力が働きやすい。ショッピングサイトのカタログ写真では長い黒色のテープですが、実物は短い灰色のテープとなっています(プロトタイプと市販品のちがいか)。
  • フック縫い付け部の強度は未知数である。
    ダブルウォールシリーズではポールのラインにメッシュ状の生地が立ち上がり負荷を分散する仕組みになっています。VBシリーズではそれがありません。表側・裏側ともに平坦(内側はシームテープで目止めされている)で、補強の具合は不明です。

ひとまわり小さい「VB-10」(間口205×奥行90×高さ100cm)は重量1,050g、ひとまわり大きい「VB-30」(間口210×奥行150×高さ105cm)は重量1,360gです。

参考リンク

アライテント / Xーライズ1

主要なスペック

サイズ 間口100×奥行205×高さ100cm
重量 1,400g(本体+フレーム)
防水性と透湿性 耐水圧:推定20,000㎜/㎠
透湿度:推定13,500g/㎡/24hr
ヘリテイジのX-TREK使用テントを参照

特徴

  • X-TREKの採用により耐水性と透湿性が高い。
  • 出入口のD字型ファスナーが短辺についている。
  • 出入口、ベンチレーターともにモスキートネットが付いている。
  • 内部にはモノを吊り下げるためのループがあるが目止め処理が必要である。
  • ポール受けのグロメットが2段になっている。

感想

X-TREKを採用したオーソドックスなシングルウォールテントです。

「D字型ファスナー」とは勝手に付けた名称です。一見、よくある逆U字型ですが、底辺を横に開放できます。逆U字型だと、パネルを内側に垂らせば床が濡れ、外側に垂らせば泥で汚れるというジレンマに陥りますが、D字型なら横向きに開いて、外壁にもたれさせることができます。悪天の最中には、最小限だけ開いて跳ね上げれば、雨や雪の侵入を軽減できます。

ポール受けの2段グロメットは「エアライズ」シリーズでも採用されている同社の十八番。低温時、テント生地が縮んでいるときは外側のグロメットを利用します。

参考リンク

ヘリテイジ / エスパース・ソロ-X

主要なスペック

サイズ 間口210×奥行100×高さ105(内寸100)cm
重量 1,310g(本体+フレーム)
防水性と透湿性 耐水圧:20,000㎜/㎠
透湿度:13,500g/㎡/24hr

特徴

  • X-TREKの採用により耐水性と透湿性が高い。
  • 出入口のO字型ファスナーが長辺についている。
  • 出入口、ベンチレーターともにモスキートネットが付いている。
  • 出入口に吹き流し(別売)を装着できる。
  • 内部にはモノを吊り下げるためのループがある。

感想

X-TREKを採用したオーソドックスなシングルウォールテントです。

出入口のO字型ファスナーは重量がかさむ気がしますが、跳ね上げ式に開閉すれば、地面に垂れて汚れることがなく、雨や雪の吹込みを軽減できるメリットがあります。冬季はパネルを吹き流し(別売)と交換することにより、ファスナーの凍結を回避できます。他のメーカーもX-TREKを採用した同じ価格帯・サイズのテントを製造していますが、冬季使用(特に連泊)がメインなら有力な選択肢となります。

ひとまわり大きい「デュオ-X」(間口130×奥行210×高さ115cm)は重量1,480gです。

参考リンク

ヘリテイジ / エスパース・ソロ ウインター

主要なスペック

サイズ 間口210×奥行100×高さ105(内寸100)cm
重量 1,350g(本体+フレーム)
防水性と透湿性 耐水圧:不明
透湿度:不明

特徴

  • キャッチフレーズは「孤高の冬季単独用
  • 出入口は吹き流し固定となっている。
  • 内張を標準装備している。
  • 出入口・ベンチレーターともにモスキートネットが付いていない。
  • 出入口の反対側の下部に吹き流し式のベンチレータがある。
  • 内部にはモノを吊り下げるためのループがある。
  • 緊急用のポール受けグロメットがある。

感想

他のテントが「冬季の利用も考慮されている」のに対し、このテントは「冬季利用がメイン」です。

本体生地にX-TREKではなく、30Dナイロンリップストップ(超撥水加工)を使用し、防水性より透湿性を重視しています。

厳冬期に連泊するとX-TREKのラミネート層に水分が溜まって凍結する場合があります。シンプルな一枚生地のほうがそうしたトラブルを回避しやすい。吹き流しが着脱式でないぶん軽量です。

緊急用のポール受けグロメットなど細かすぎる工夫が感涙ものです。

「ソロ-X 」と同じ居住空間サイズなのに若干重いのは、内張を標準装備しているからです。内張は冬季の保温性を高め、結露による濡れを軽減します。この内張は取り外すことができ、別売のレインフライを装着すれば、冬季以外にも利用可能とされています。

別シリーズですが、似た仕様で少し広い「マキシムナノ 1〜2人用」(間口210×奥行110×高さ115cm)は重量1,250gです。内張りはありません。モスキートネットが付いており、オールシーズン用という位置づけです。出入口は吹き流し固定ですが、モスキートネットを取り外して軽量化(約80g)できます。「マキシムナノ」シリーズはポールスリーブの片側が閉じていないので一人で設営するときには1周ぐるりと回る必要があります。ポール受けは2段グロメット(アイレット)になっています。

参考リンク

ブラックダイヤモンド / ファーストライト

主要なスペック

サイズ 間口123×奥行208×高さ107cm
重量 1,280g(本体+フレーム) 1,500g(本体+フレーム+ペグ+張り綱+スタッフバッグ)
防水性と透湿性 耐水圧:800㎜/㎠
透湿度:不明
本体生地に優れた通気性を発揮する超撥水素材、ナノシールドを使用。

特徴

  • 出入口の逆U字型ファスナーが短辺についている。
  • 内部には長辺2箇所にポケットがある。
  • 出入口、ベンチレーターともにモスキートネットが付いている。奥側のベンチレーターをファスナーで閉じることができる。
  • 縫製ラインのシーリングは行っていない。(シーリング剤が付属)
  • 天井が高い。(107cm)
  • インナーポール式。

感想

海外製品らしく耐水性より通気性を優先しています。雨の多い日本向けにシーリング剤が付属しています(海外のサイトを見るとシーリング剤の記載は見当たらない)。

ナノシールドについて、カタログにはこう記載されています。

シングルウォールテントのキャノピー素材で、極めて通気性に優れ、超撥水性を併せ持ちます。ポリエステル繊維にシリコンナノセルコーティングを施し、耐水圧は800mm。ファブリック内側のマイクロポーラスコーティングはMVTR(気化水分透過率)4,000の通気性を誇ります。

MVTRという独自の指標なので、国内メーカーの防水透湿コーティングとは比較しにくいですが、レビュー記事を読むかぎりでは透湿性は高めです。

古いモデルではエピック素材を使用し、より透湿性が高かったと言われています。「ライトハウス、ファーストライト 取り扱い上の注意」に“エピックは繊維の1本1本を撥水ポリマーでコーティングし、更に織り込まれた繊維の隙間にも撥水ポリマーを埋め込んだ生地で、優れた撥水透湿性があります。”と記載されています。

インナーポール式で高さ107cm。モンベルのU.L.ドームシェルターやオクトスのシングルウォールテントの95cmと比較すると、かなり天井が高い。冬季は寒く感じるかもしれません。

ほぼ同じ床面積の「ハイライト」(間口206×奥行107~127×高さ107cm)は重量1,260gです。床は緩い台形でわずかに狭いですが、天井のサブポールにより壁の立ち上りが強いため内部空間が広く感じられます。

参考リンク

モンベル / マイティドーム 1型

【モンベル】マイティドーム 1型
世界最高レベルの軽量・コンパクト性を実現したシングルウォール構造のテントです。生地には優れた防水透湿性と通気性を備えたブリーズドライテック™プラスを使用。山岳用としてだけでなく、自転車などのツーリングにも適しています。本体用、ポール用、ペグ用のスタッフバッグが付属します。

主要なスペック

サイズ 間口90×奥行210×高さ105cm
重量 1,080g(本体+フレーム) 1,250g(本体+フレーム+ペグ+張り綱+スタッフバッグ)
防水性と透湿性 耐水圧:不明
透湿度:不明
ブリーズドライテック™プラスを使用

特徴

  • ブリーズドライテック プラスの採用により耐水性と透湿性が高い。
  • 出入口の逆U字型ファスナーが短辺についている。
  • 出入口、ベンチレーターともにモスキートネットが付いている。
  • 内部にはモノを吊り下げるためのループやポケットがある。
  • ポール末端に滑り止めグリップが付いている。
  • ポール受けのグロメットが2段になっている。

感想

ブリーズドライテック プラスを採用したオーソドックスなシングルウォールテントです。ブリーズドライテックはポリウレタン系の素材ですが、「プラス」はePTFE(ゴアテックスと同系)とされています。

古いモデルは同社の「U.L.ドームシェルター」のようにインナーポール式で常時開放のベンチレーターが付いていたり、生地にブリーズドライテックを使用したりと試行錯誤が激しい製品でした。2015年モデルからX-TREKを採用したオーソドックスなデザインになりました。2019年にブリーズドライテック プラスに切り替わり、さらに軽量化されました。

ポール末端の滑り止めグリップ、ポール受けの2段グロメットによって、スリーブ式の設営しにくさを軽減する工夫が光ります。旧モデルはポールスリーブの片側が閉じていましたが、新モデルでは四隅とも開放型になりました。

ひとまわり大きい「マイティドーム 2型」(間口130×奥行210×高さ105cm)は重量1,240gです。

X-TREKマイティドームの情報

2018年まで販売されていた「X-TREKマイティドーム」はX-TREK素材の廃止にともない廃番となりました。参考のために、過去の商品リンクを掲載しておきます。1型の重量は1,190g(本体+フレーム)または1,340g(本体+フレーム+ペグ+張り綱+スタッフバッグ)とされていました。

参考リンク

MSR / アドバンスプロ2

主要なスペック

サイズ 間口107×奥行208×高さ112cm
重量 1,320g(本体+フレーム) 1,460g(総重量)
防水性と透湿性 耐水圧:1,000㎜/㎠
透湿度:不明
20D リップストップナイロン(2レイヤー透湿性)

特徴

  • ポールスリーブと吊り下げ式のハイブリッド方式
  • 出入口の逆U字型ファスナーが短辺についている。
  • ガイコードポイントが12箇所に付いている。
  • 天頂部にベンチレーション用のメッシュが付いている。

感想

ポールスリーブと吊り下げ式のハイブリッド方式が斬新です。設営者が踏み台から動かずに組み立てる動画が公開されています。岩稜や雪稜など足場が狭い場所でも設営しやすいメリットが強調されています。

ここでちょっと、ポールスリーブ(片側袋とじ)式と吊り下げ式のメリットとデメリットを振り返ってみましょう。

ポールスリーブ式だと設営しにくい理由は大まかに2つあります。

  • 片側からポールを押し込むため、設営者の後方に2メートル以上の余分な空間を必要とする。
  • ポールを奥に押し込むにしたがってスリーブの弛みが累積し、ポールエンドをグロメットに嵌めるのに苦労する。

吊り下げ式は簡便ですが、フックを多用するぶん重量がかさみますし、設営者はテントの周囲をぐるりと回る必要があります。フックの一点に負荷が集中するため、耐風性・耐久性に一抹の不安が残ります。

アドバンスプロ2なら、ポールスリーブの長さは半分なので押し込みやすく、弛みが生じにくく、フックの数は手前側の半分ですみます。その結果、踏み台から動かずに組み立てるデモンストレーションが可能となるわけです。他のテントでもできなくはないのでしょうが、ハイブリッド方式のほうがやりやすいのは間違いありません。ポールスリーブ側が風上になるので耐風性・耐久性の点でも好都合です。

「ガイコードポイント」はポール沿いに上下2段あり、耐風対策しやすくなっています。出入口以外の3面には居住空間を広げるためのポイントが付いています。天頂部のポイントも合わせて12箇所となります。

天頂部のベンチレーションはファスナー付きの三角形のフラップで開閉可能です。

テント本体の素材には透湿性があるとされていますが、X-TREK(ゴアテックス)やeVentと比較すると限定的です。日本のメーカーがeVent素材を使用してこのハイブリッド方式のテントを製造してくれないものでしょうか。

参考リンク

関連記事

変更履歴

  • 初公開(2018年6月25日)
  • 「LOCUS GEAR / Djedi DCF-eVent Dome」「MSR / アドバンスプロ2」を追加しました。(2018年7月18日)
  • モンベルの「X-TREK マイティドーム」を「マイティドーム」に差し替えました。(2019年3月13日)
  • プロモンテの「VB-20」、ヘリテイジの「クロスオーバードーム2」を追加しました。(2019年5月23日)
登山装備
神山オンライン

コメント

  1. MURRAY より:

    kamiyama様、情報発信ありがとうございます。
    ドーム型シェルターを検討中ですので、参考にさせてもらいます。
    クロスオーバードーム f のスペックは 200×75×H95-600gです。
    別の製品のデータが記載されているようです。

    • kamiyama より:

      MURRAY様、コメントありがとうございます。修正いたしました。H95が内寸表記だという点も強調しました。記事にするために細部を調べるうちにいろいろ見えてきます。ちょこちょこと追記していくつもりです。

  2. bb62 より:

    去年から4シーズンのテントを考えていて、いろいろ参考にさせてもらっています。

    X-Trekの供給が停止して”X”が品名に入ったテントがついに手に入らなくなりましたね。今年のはじめ頃にエスパースのマキシムX買おうと決心してカモシカに行ったんですが、残念ながら完全に在庫ないと言われてしまいました・・・

    最近プロモンテからVBシリーズが出て、好日山荘も取扱いを始めたようです。東レのエントラントというファブリックを使っていて、なかなか良さげ。もし何か情報おもちでしたら、追記していただければと思います。
    http://www.kojitusanso.com/shop/g/g4582146365206_b10701010/