ゴアテックスのテントが市場から消える

噂の発端

ゴアテックスのテントが市場から消えるらしいと初めて知ったのは、山と渓谷2017年11月号の連載「山岳装備大全 第20回 シェルター」(p.128)を読んだときでした。

第一世代ゴアテックスは、2009年から「Xトレック」として日本限定で流通してきたが、今季をもって製造が中止されるというのだ。この素材を使ったシェルターに興味があるのなら、早めに入手しておくことをおすすめしたい。

「第一世代ゴアテックスとは?」「製造中止の理由は?」といった疑問については、引用が長くなるので同誌をご覧ください。簡単に言うと、第一世代のゴアテックスには通気性がそなわっています。難燃性基準の問題から北米のメーカーは使用を自粛しています。

その他、バックカントリー穂高さんが2009年6月の「ほたか日記」で言及されています。

正式な生産終了宣言

山と渓谷2018年7月号で、ICI石井スポーツの広告ページ(p.24)をG-LIGHTテントが飾り、「30年以上愛されたロングセラーモデルが生産終了」と宣言されました。メーカーが正式に告知したのは初めてではないでしょうか。

今後はどうなるのか

ICI石井スポーツの店員さんと「今後はどうなるんですかねぇ」と話したら、アライテント(テント製品のOEM元)がライズ1などで採用しているエスフレッチャーあたりを使うのかなぁ、なんて漏らされていました。あ、これ、完全に立ち話レベルの話ですよ。

エスフレッチャーという素材のスペックは、サカイオーベックス株式会社の「エスフレッチャーSFRETCHER」(PDF)によれば、

耐水圧:1,000㎜/㎠
透湿度:10,000g/㎡/24hr

です。

公称値だけ見ると、ヘリテイジの「クロスオーバードーム」や「エマージェンシードーム」の8,000/㎡/24hrより透湿度が高いです。

とは言え、8,000g/㎡/24hrや10,000g/㎡/24hrあたりではゴアテックスと比較すると大いに透湿性が劣ります。

同じePTFE素材であるeVent(イーベント)は採用できないのでしょうかね。

テント用の防水透湿性(通気性)素材についてはウォッチングを続けていきます。

登山装備
Kamiyama Online

コメント

  1. crossroader より:

    こんばんは。
    Xトレックファブリックがなくなってしまうとは残念です。ほととんど結露せず凍結もしないので、私の冬山の必需品です。昔のゴアテントは結露してバリバリに凍りつきました。エスフレッチャーも盛大に結露して壁が氷だらけになるようなので、代替品にはならないと思います。
    http://mukuri03.naturum.ne.jp/e2630955.html
    2レイヤーならば、氷を叩き落として落ちた氷が溶けなければ大きな支障はないでしょう。しかし通気性がなさそうなので、ベンチレーターを開けっぱなしにしなければならず、冬は寒いのではないでしょうか。私は冬のフォーカストビバーク用にライズ1を買いましたが、まだ使ったことがありません。

    • kamiyama より:

      crossroader さん、コメントありがとうございます。
      ゴアライトだと内壁の霜をストーブの火であぶるとあらかた蒸散しますが、エスフレッチャーでその手がきくかどうか気になります。モンベルのドームシェルター(透湿性がない)だと融けて滴り落ちてくるので逆効果でした。透湿性能が劣る場合、幕営中は放置し、撤収間際に霜をこそぎ落とすしかなさそうだと感じました。

  2. […] らG-LIGHT (X)が生産中止になりました。 (追記:2019-01-01) ゴアテックス社からゴアテックス素材”X-trek”の供給が中止されたそうです。 参照:ゴアテックスのテントが市場から消える […]