珍しいポーラテック パワーグリッドライトのTシャツ

登山Tシャツ、ポーラテック パワーグリッドライト

グリッド主義

半袖Tシャツを購入するときは、肌面が汗で貼りつきにくいドット状やメッシュ状になっている製品を選ぶようにしています。そうでない製品は、色味やプリントを気に入って買ったとしても、周期的な断捨離フェーズにリサイクルゴミとして放出するはめになります。山岳メーカーの数千円のTシャツと何枚おさらばしたことか。一方、ユニクロの千円のTシャツ(肌面ドット状)は残っていたりします。

そんな私の心に響く製品が昨年夏に登場しました。ポーラテックのパワーグリッドライト素材を使用したミレーの「レ ドリュー Tシャツ ショートスリーブ」です。パワーグリッドと言うと、グリッド構造のフリースを指すことが多く、同素材を採用した製品は多いです。が、「ライト」を半袖Tシャツに採用した製品は他に見たことがありません。

そもそもポーラーテックの日本代理店のホームページには2018年8月現在、何故か「パワーグリッド」のページは見当たらず、ましてや「パワーグリッドライト」についての記載は見当たりません。本家サイトでも「Power Grid」のページはあるものの「Power Grid Light」のページは見当たりません。

「ドリュー」はフランスの山の名前です。フランス語では山は女性名詞なので頭に「レ」が付いています。この記事では単に「ドリュー Tシャツ」と呼びます。

とても気に入ったので、セールを待たずに購入し、それから四季を通して、低山ハイキングやクライミングジムで着倒しています。

この「ドリュー Tシャツ」を入手する以前は、ノースフェイスの「ジオメッシュクルー」というTシャツが主役でした。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) S/S GEOMESH CREW Men’s NT30109
【6500円以上送料無料】THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) S/S GEOMESH CREW Men’s NT30109はナチュラム。口コミ・レビューや関連商品などの情報まで合わせてチェック。アイテム数20万点の世界最大級アウトドア用品・釣り具通販のナチュラムにすべてお任せください。

この2着を比較しながら紹介します。

ミレー / ドリュー Tシャツ

全体

紙のタグ

製造番号は「MV7341」。製品名は「LES DRUS TS SS」です。日本語の紹介ページでは素材は「パワーグリッドライト」と記載されていますが、このタグには単に「Power Grid」と印刷されています。

ノースフェイス / ジオメッシュクルー

全体

ヘビーユースしているので、腹のあたりが伝線しています。うまく実物の色味を撮れませんでした。やや緑がかった不思議な色で、そこも気に入って購入しました。

素材タグ

取扱説明書タグ

デザイン比較

ドリュー Tシャツ

前面にフランスの名峰ドリューのイラストをあしらっています。黒字に赤の配色がクールです。

ジオメッシュクルー

こちらは何の変哲もない無地。前面は左胸のワンポイントロゴのみ、背面は右肩甲骨付近のワンポイントロゴのみです。

グリッド構造の比較

ドリュー Tシャツ

「ドリュー Tシャツ」は内側(肌面)がグリッド構造になっています。

ジオメッシュクルー

「ジオメッシュクルー」は内側(肌面)がグリッド構造になっています。内側も目の細かいグリッド構造になっています。

光に透かして比較

ドリュー Tシャツ

ジオメッシュクルー

 

「ジオメッシュクルー」のほうが生地のボリュームが少ないぶん透け具合が大きいです。

重量の比較

ドリュー Tシャツ

「ドリュー Tシャツ」(Lサイズ)の重量は実測で115gです。

ジオメッシュクルー

「ジオメッシュクルー」(Lサイズ)の重量は実測で88gです。

猛暑の高尾山で検証した

それまでは生地のボリュームが小さい「ジオメッシュクルー」を着ていたので、最初は着心地が固いと感じました。一年たった現在ではすっかり馴染んだにもかかわらず、ヘタリ感がほぼないところに品質の高さを感じます

猛暑の稲荷山尾根を速足で登ると、全身滝汗です。保水しきれない汗が滴り落ち、それをカリマーのDTAパンツが弾いています。

カリマーの「DTA pants」で猛暑を乗り切る
久しぶりに新調したくなるようなトレッキングパンツと出会いました。カリマーの「DTA pants」(DTAパンツ)です。東レの「Dot Air」素材を使用した通気性の高い商品です。カリマー(カリマー) DTA PANTS メンズ トレッキング

速乾性

グリッド構造でないTシャツと比較すると、乾きが速いのは間違いありません。

​生地のボリュームが少なくてメッシュ感が強い「ジオメッシュクルー」と比較すると、涼しさや速乾性はやや劣ると感じます。

抗菌防臭性能

《ポリジーン抗菌防臭加工》をうたっています。そう言えば、「ドリュー Tシャツ」を着て登った日は、帰りの電車で「虫よけシール」を貼らずにすませることが多いです。

登山後の電車やバスで香水として虫よけシールを利用する
連日テント泊したり、真夏の低山で汗だくになって下山したあと、公共交通機関の密閉空間に身を置くと、自分の汗臭さに気が付きます。王道の対策法は、 ウェアをメリノウールにする。(天然の防臭抗菌効果あり) 山中でこまめに洗濯する。(夏は着干しす

抗菌防臭性能が落ちてきたら、ポリジン社の「ポリジンスプレー」や「ポリジン ウォッシュイン」で銀イオンを復活させましょう。

関連モデル

ミレーからは他にも「パワーグリッドライト」を採用したTシャツが出ています。長袖タイプもあります。個人的にはメーカーの名前が胸にでーんと居すわるデザインは好みではないので選択肢から外れました。

ミレー / アルパイン Tシャツ

ミレー / トリロジー グリッド ロゴ Tシャツ

ミレー / レッド ニードルス ジップ ロングスリーブ

後継モデル

ミレー / トリロジー デルタ リミッテド Tシャツ

2018年春夏モデルで「ドリュー Tシャツ」にいちばん近いのは「トリロジー デルタ リミッテド Tシャツ」です。胸のイラストが変わった以外はデザインがそっくりです。店頭で手に取ってみたところ、生地の外側がグリッド構造になっています。裏表を逆にしただけかと思いきや、「パワーグリッドライト」ではなく最新素材の「ポーラテックデルタ」が採用されています。

グリッド構造は外側と内側のどちらにしたほうが吸汗速乾性能が高いのでしょうか。登山用品店でよく見かけるTシャツでは「外側グリッド構造」が多数派です。私は「肌に貼りつきにくい」という理由から「内側グリッド構造」派です。が、ポーラテックデルタを見て、またぞろ物欲が……。
登山装備
神山オンライン

コメント