ピッケルのスピッツェカバーをグリベル風に改造する

クライミング・テクノロジー社のピッケル、アルパインツアーを購入しました。

同時に購入したスピッツェカバーについて気になる点があったので、それを解消する方法を考えました。

スピッツェカバーにもやもやする

スピッツェカバー(ブラックダイヤモンド社のスパイクプロテクター)を装着しました。

この商品に限ったことではありませんが、スピッツェカバーは引っ張ると簡単に抜けます。しっかり固定する方法がなくてもやもやします。

逆T字差しにするとスピッツェカバーが脱落しやすい

逆T字差しにするとスピッツェカバーが脱落しやすい

特にザックに「逆T字差し」した場合、スピッツェは宙に浮いているため、何かに当たった拍子にすぐに外れそうです。公共交通機関などで周囲の人を傷つけかねません。この点でもスピッツェをザックのサイドポケットに挿入する「T字差し」のほうが安心です。

T字差しならスピッツェカバーが脱落しない

T字差しならスピッツェカバーが脱落しない

異論あり⁉︎ ピッケルのザックへの取り付け方、持ち方、携行方法
雪山の教則本やインターネットでよく紹介されている「ピッケルのザックへの取り付け方」を私は採用していません。その理由について、書いてみます。 また、滑落停止とか、ビレイの支点とか、行動中の「利用法」についてはよく言及されますが、「利用し...

グリベルのピッケルの場合

グリベルのピッケルも購入候補でした。ヘッドカバーやスピッツェカバーが付属しているのがうれしい。まぁ、そのぶん価格に含まれているのかもしれませんが。

スピッツェカバーはリーシュの端にちょこんと盲腸のように?ついています。


リーシュの長さは手首を通したときシャフト下端を握るくらいの位置に調整します。手首を抜いてループを平たくすると丁度スピッツェの先端にカバーのゴムが届きます。リーシュの張力で固定されるため脱落しにくいです。

きわめて合理的なデザインです。このリーシュだけ単独で購入してもよいでしょう。

グリベル風に改造する

汎用のスピッツェカバーをグリベル風に利用する方法を考えてみました。

リーシュの長さを調節してスピッツェカバーを覆う

リーシュの長さを調節して、スピッツェカバーを覆えば、脱落を防止することができます。

これならザックに逆T字差ししても脱落しにくいでしょう。

ただし、このリーシュの長さだと、手首を通してシャフトの下端を持つと若干余ります。手首に荷重して握力を節約する持ち方には向きません。

リーシュの外側にスピッツェカバーをぶら下げる

スピッツェカバーのショックコードを解体して、リーシュの適当な場所に通し直してぶら下げれば、グリベル風になります。

これならリーシュに手首を通したとき、シャフト下端の最適な位置を握ることができます。

スピッツェカバーはぶら下げっぱなしにする

スピッツェカバーはぶら下げっぱなしにする

スピッツェカバーはぶら下げっぱなしにします。

逆T字差ししてもスピッツェカバーが脱落しにくい

逆T字差ししてもスピッツェカバーが脱落しにくい

逆T字差ししてもスピッツェカバーが脱落しにくいです。


【ショックコードの解体の仕方】

ショックコードの末端にあるコードエンドはマイナスドライバーでこじ開けることができます。

私は精密機器用のドライバー(100均で購入したセットの1本)を利用しました。

コードを通し直しやすいように、末端を斜めに切り、ライターで炙って整えることをおすすめします。

他のゴム紐に取り換えて最適化する

スピッツェカバーに元々付いているショックコードは汎用性を考慮して長めになっており、コードロックやらコードエンドやらゴチャゴチャしています。

適当なゴム紐に取り換えて、スッキリさせるのがいちばん良いかもしれません。

私はこのスタイルでいくことにします。

実際には汎用のスリングを肩掛けして、リーシュをカラビナで連結します。手首に通して使うことは少ないです。グリベル社のショルダーリーシュなど専用品はまだ利用したことがありませんが、伸縮するスリングが便利そうです。

登山装備
Kamiyama Online

コメント