異論あり⁉︎ ピッケルのザックへの取り付け方、持ち方、携行方法

雪山の教則本やインターネットでよく紹介されている「ピッケルのザックへの取り付け方」を私は採用していません。その理由について、書いてみます。

また、滑落停止とか、ビレイの支点とか、行動中の「利用法」についてはよく言及されますが、「利用しないときの携行法」に言及されることは少ないようです。そちらにもスポットライトを当ててみます。

私が逆T字差しを採用しない理由

 

ザックの正面にピッケルを取り付ける

ザックの正面にピッケルを取り付ける

教科書では逆T字差し(と呼ぶことにします)が推奨されています。ザック下部のループにシャフトを通して、ひっくり返して石突きを上に向け、シャフトの中程をバックル(あるいはテープやゴムのループ)で止める方法です。

私は逆T字刺しは採用しません。

  • 広くて安定した場所でないと、シャフトを通してひっくり返す操作はやりにくい。
  • シャフトを止めるのがバックル式ならまだマシだが、テープを通して折り返す操作が面倒くさい。
  • つまり、頻繁に着脱するには向いていない。
  • 行き帰りの交通機関に限定したとしてもあまり優秀だとは思えない。取り付け具の位置関係や、ザックの丸みにもよるが、ザックから離れて突き出しがちである。

私がT字差しを採用する理由

ザックの横にピッケルを取り付ける

ザックの横にピッケルを取り付ける

私はもっぱらT字差し(と呼ぶことにします)を採用しています。単にザックのサイドストラップを通して、石突きを下部のポケットに収めるだけです。

  • 登山中に咄嗟に使いたくなったら、ザックを背負ったまま、忍者が刀を抜くようにピッケルを引き抜くことができる。
  • ザックのサイドにぴったり寄り添うので、行き帰りの電車やバスでも邪魔になりにくい。切っ先(もちろんカバーを付けている)が自分の顔の近くにあるので周囲に配慮しやすい。
  • 行動中以外に石突きが露出する場面はないので、石突きのカバーについては省略するか、ガムテープで覆う程度で大丈夫。

ピッケルを引きずって歩く

「バックカントリー穂高」さんはyoutube「雪山で使えるピッケルリーシュとは?」のなかで、市販のリーシュコードではなく、30cmのスリングをピッケルのヘッドに付ける方法を紹介されています。滑落する危険のない場所では、手首にぶら下げて引きずるそうです。ヘッドを持たないので手の冷えを軽減できます。必要になったら、すぐにヘッドを持ち直せます。60cmのスリングをたすき掛けし、さらにもう1本の60cmスリングとカラビナを用いて、ピッケルと連結すれば、肩がけのリーシュコードになります。緊急用の装備として、スリングやカラビナを加えるのであれば、リーシュコードと置き換えてしまえば、無駄がありません。

ピッケルを肩にちょい乗せして歩く「マサカリ持ち」

マサカリ持ち

あまり登下降のない気楽な雪稜で、石突きが雪面に着くか着かないかだと、ピッケルを持ち上げている腕がダルくなります。そんなときは、ピック側を肩に乗せて、両手でシャフトを握ると、とても収まりが良く、腕を休めることができます。ピックのギザギザで高価なジャケットの肩を傷つけたくないので、ザックのショルダーベルトの上に乗せたりして。昔はやる人が多かったはず。あえて名付けるなら「マサカリ持ち」? 現在はピッケルを使わないときには両手にストックを持つスタイルが定着しているので、もはや忘れられた技術です。

最後に、謎の「アルペン刺し(差し?)」

寡聞にして知りませんでした。前世紀にはなかったジャーゴン(隠語)だと推定します。一時的に両手を自由にしたいとき背中とザックのあいだにピッケルを差し込むらしいのですが、インターネットを検索してもズバリ解説したページや画像が見つかりませんでした。岩場や鉄梯子では中途半端にピックを引っ掛けるより、両手でムンズと握るほうが安定感があります。そのあいだピッケルをハーネスのギアラックなどに侍の刀のように差すと、ぶらぶらして邪魔になる。じゃあ、背中とザックのあいだに、という発想でしょうか。ゴツゴツして痛そうですが、一時しのぎで、特別な道具もいらないので、有用な技術と言えます。

ことほど左様に、ピッケルを使わないときの始末に頭を悩ましている人は多いはずです。登山中にザックの横にピッケルを簡単に着脱できて、ぶらぶらさせないようなアタッチメントが欲しい。モンベルあたりがアルパインチーフ(Alpine sheath)なんて名前で開発してくれないでしょうか。

コメント

  1. 高橋能久 より:

    ピッケルのアルペン差し、について私はいまでも通用していると思っておりましたが時代の流れで絶滅していたんですね、今でもアルペン差しを行って居りますが、剣豪の佐々木小次郎のように素早く背中から抜けるし、しまう時も歩きながら容易にしまえますので、なぜ廃れてしまったのでしょうか。差し方は簡単、ザックストラップの上の付根がV字になっている所の真ん中から背中に直接当てながらわきの下側にに斜めに差し込むだけです、荷物の重みで背中中央に隙間が出来ますのでそこに斜めに通し、わきの下側方向に斜めに通し、シュピッツェをザックの横に出すのでちょうど佐々木小次郎が剣を背中に差している様になります、ザックと背中の間で差すのですが全く気になりませんし、ピッケルの存在が背中で感じられますのでとても安心感がでます。

    • kamiyama より:

      高橋様、コメントありがとうございます。雪山から長いこと遠ざかっているあいだに「アルペン差し」という呼び方が出てきたのかと思っていました。私が知らないだけで、もっと昔からある呼び方でしょうか。「忍者のように」より「佐々木小次郎のように」という表現がカッコいいですね。