登山テント遍歴(1)~ワンダーフォーゲル部の家型テント

ユウトムラウシ花園の家型テント

ユウトムラウシ花園の家型テント

ワンダーフォーゲル部で苦楽をともにしたにもかかわらず、写真がほとんどないのが残念です。山の景色や集合写真ならたくさん撮りましたが、見すぼらしい家型テント(三角テント)を被写体として選ぶ発想はありませんでした。

上の写真はテント全体をとらえた珍しい一枚。北海道の十勝連峰、トムラウシ山に近いユウトムラウシ花園と呼ばれる場所です。いかにも熊さんが好みそうな湿原で、テントの出入口(サブリーダーの定位置)に寝ていた私は、翌朝生きて目が覚めるか本気で心配しました。

白馬村営宿舎の家型テント

白馬村営宿舎の家型テント

テントの骨組みは前後に立てるポールと張り綱です。当然ながら自立しません。ポールを支え持つ者と、ペグを打って張り綱を固定する者とが、軍隊式に分業で設営しました。一人で設営するのはかなり困難です。

出入口にポールがおっ立っているので、出入りの際にちょっとした手すり代わりになります。酔いどれた先輩がポールをつかんだままよろけると、テントが倒壊しそうになりました。

十勝岳山麓・白銀温泉の家型テント

十勝岳山麓・白銀温泉の家型テント

収容可能な人数によって、4人用なら「ヨンテン」、6人用なら「ロクテン」などと呼びました。

前室はなく、サイドに張り出したフライシートの軒下に登山靴や鍋釜、食器類を適当にほったらかし。使ったら使いっぱなしで、ろくにクリーニングした記憶がありません。濡れたまま持ち帰って、次の出発前に装備点検するときには乾いているというぐあい。ましてや防水処理のメンテナンスなどした記憶がなく、雨露を含むとズッシリ重くなる厄介な代物でした。グランドシートは一体型ではなく、傾斜地で大雨に降られた翌朝には床一面を泥の河が流れました。強風でポールを倒されると、掛け布団状態で寝ました。

登山マットレス比較~エアマットを遊び尽くそう
学生時代にワンダーフォーゲル部の仲間がこぞって使っていたのがエアマットでした。たしかキャラバン社の製品です。当時はエアマットかロールマットくらいしか選択肢がありませんでした。セルフインフレータブル式の製品はバカ高かった……と言うより...
登山用品
神山オンライン

コメント