ゴリラポッドを登山で使う

ミニ三脚を新調する

無雪期の登山ではウルトラポッドミニを愛用しています。

余裕があれば、三脚を兼ねた自撮り棒を持っていきます。

問題は、手持ち撮影との切替えです。唯一無二の製品と思えたTamracのクイックシューは廃番になりました。

この製品には2サイズのクイックシューが付属しました。小さいほうを常用していましたが、どこかで紛失しました。仕方なく大きいほうを使い始めましたが、コンパクトデジタルカメラだとボディからはみ出します。胸ポケットなどに突っ込むと、わずかながら出っ張りが気になります。

なんとかしたい。そこで浮上してきたのがゴリラポッドです。

ゴリラポッド オリジナル

このアイテム、長いこと横目で眺めていました。

ある女性ボルダラーから完登動画撮影用の三脚について相談されたとき、私はすかさず「ウルトラポッド ミニ」を推薦しました。あまり実店舗に置かれていないからでしょうか、それとも機能一辺倒な外観がお気に召さなかったからでしょうか、その方はゴリラポッドを購入しました。

「あんなチャラチャラしたモノを買ったのか」と偏見に満ちた感想を抱いたのですが、よくよく調べるとなかなか機能的な製品ではありませんか。決め手となったのは、クイックシューを標準装備している点です。

開封の儀

外箱の四面

外箱の底面

フタを開ける

フタの下に使用説明書がはさまれていました。

内容物のすべて

内容物はこれだけです。

使用説明書

ゴリラポッド オリジナルの本体

ゴリラポッド オリジナルの本体です。

ゴリラポッド オリジナルのクイックシュー

お待ちかね。クイックシューを試します。

側面の丸いボタンを押す

クイックシューを本体から取り外す

側面の丸いボタンを押すと、内部のラッチが外れるシンプルな仕組みです。

クイックシューをカメラに取り付ける

クイックシューをカメラに取り付けました。コインで回すための溝が切られていますが、指で黒いプラスチックの土台ごと回せば、やや空回りしながらも締めたり緩めたりできます。

紛失したTamracのクイックシュー(小)と同じくらいのサイズ感です。カメラの底に収まるので邪魔になりません。

カメラ&クイックシューを本体に取り付けました。コンパクトデジタルカメラなら安定感は申し分ありません。

足底や各コマの黄色い部分にゴムっぽい摩擦力があります。TPE(熱可塑性エラストマー)という素材だそうです。

使用例

ゴリラポッドが木の幹に巻き付く

太い幹にはベルクロテープで巻き付ける

太い幹など、ゴリラポッドの脚が届かない場合は、ベルクロテープやストラップで巻き付けるとよいでしょう。これはウルトラポッド ミニで培った?テクニックです。

ちなみにこのベルクロテープはダイソーで購入しました。

ゴリラポッドが展望台の手すりに巻き付く

ゴリラポッドが手すりの支柱に巻き付く

上に乗せようとすると狭くて不安定でも、こんな風に脚をかぶせれば安定します。

スタビライザー風に持つ

脚を揃えれば、スタビライザー風に持つことができます。

動画撮影などで長時間持つ場合も前腕がパンプしません。

ゴリラポッドが電車の手すりに巻き付く

細くてスベスベのモノに設置するときは、3本の脚を「巻き付き」と「突っ張り」にうまく配分する必要があります。

ゴリラポッドが電車の吊り革に巻き付く

こんな不安定なモノに取り付けることができます。「ゴリラ」の面目躍如です。

ゴリラポッドを石に巻き付けて安定させる

岩の上などに設置するとき、石に巻き付けて安定させることができます。平たい場所に置く場合でも、こんな風に重量物に巻き付ければ、風に吹かれて倒れるトラブルを回避できます。

ゴリラポッドを膝に巻き付けて安定させる

自分の体に巻き付けるという小技が可能です。「ダッコちゃん」モードと呼びましょう。

ちなみに、カメラの先にあるのは御岳渓谷の有名なボルダー「とけたソフトクリーム岩」です。

ゴリラポッドをピッケルに巻き付ける

もちろんピッケルにも巻き付きます。

ピッケル用の三脚?としては、GoPro用のアダプタも有用です。

ゴリラポッドのクイックシューをロックする仕組み

ゴリラポッドの自由雲台の側面に錠前マークが描かれています。リングを回すと、突起が丸いボタンの下に入り込み、押せなくなる仕組みです。しかし、動きが固いため、着脱のたびに回すのは面倒くさい。カメラの角度を調節しているときなど、うっかりボタンを押さないように注意すれば、ロックしなくても大丈夫でしょう。

ウルトラポッド ミニとゴリラポッド オリジナルの重量比較

ゴリラポッドの購入をためらっていた理由のひとつが、ウルトラポッドミニの軽量コンパクトさに心酔していたからです。しかし、実際に比べてみると、重量面ではウルトラポッド ミニが実測で46g、ゴリラポッド オリジナルが実測で47gと互角でした。寸法面ではゴリラポッドがやや長くなりますが、気になるほどではありません。クイックシューを標準装備しているので、重量面と価格面はむしろ優秀だと言えるでしょう。ベルクロテープは付属しませんが、どのみち長いテープを携行するようにしていたので問題ありません。

ゴリラポッドの使い勝手が悪いところ

ゴリラポッドの脚はたくさんのコマで構成され、個々に立体的に動いて、変幻自在にモノに巻き付きます。収納時に足を揃えたとき、コマがてんでバラバラの方向を向いているのが気になります。その都度、プチプチを潰すような無心の境地で、ひとコマひとコマを整えるようにしています。

登山用品
神山オンライン

コメント