GoPro用アダプタがピッケル用雲台として使える

記事内に広告が含まれています。

GoPro用アダプタ

ラインホルト・メスナーの「ナンガ・パルバート単独行」にこんな一節があります。

写真はあまり撮らなかった。ひとりでは、自分自身を写すのもそう簡単ではない。ピッケルの頭に溶接させた一本のねじを使って撮影するのだ。ねじにカメラを固定し、ピッケルを万年雪に突き刺し、セルフタイマーを調節して自分自身を写すのである。

ねじを溶接する! なるほどと感心した人は多いと思います。が、実際に真似した人はいたでしょうか。ふつうは市販のクリップマウントや、ウルトラポッドを利用して、ピッケルにカメラを固定したものです。

最近流行のGoPro用のアダプタを見たとき、「あれ? これってピッケル用の雲台として使えるんじゃないかな」と思ったのは私だけでしょうか。

早速、インターネットでポチって試してみました。自撮り棒を持っている人なら、似たような部品が含まれているかもしれません。

コンデジに取り付けてみました。コンパクトなので付けっぱなしにしておいてもあまり邪魔になりません。

GoProアダプタをカメラに取り付ける

GoProアダプタをカメラに取り付ける

ピッケルのヘッドの厚さにもよりますが、ピックの先端寄りの薄い箇所ならたいていねじ込むことができます。脱落防止用にリーシュコード(ランヤード)やカラビナを利用してピッケルと連結することをお忘れなく。

GoProアダプタをピッケルに取り付ける

GoProアダプタをピッケルに取り付ける(クローズアップ)

もちろんGoProそのものを延長アダプター等を介して取り付けることができます。

GoProそのものを延長アダプター等を介して取り付ける

GoProそのものを延長アダプター等を介して取り付ける

スマホ用ホルダとGoProコネクタが一体化したアダプタも存在します。

スマホ用ホルダとGoProコネクタが一体化したアダプタ

スマホ用ホルダとGoProコネクタが一体化したアダプタ

もともとはネックマウントに付属するアダプタです。

その他、カメラや三脚についての記事をご参照ください。

超軽量ミニ三脚、ウルトラポッド ミニを登山で使う
ヨドバシカメラやビックカメラにはなぜか置かれていない超軽量ミニ三脚、PEDECOのUltra Podシリーズ。「ウルトラポッド ミニ」を長年愛用しています。たぶん30年以上前から現在の完成形で販売され続けている定番です。たいてい登山用品店で販売されています。
登山におすすめ、YUNTENGの三脚付きワイヤレス自撮り棒(セルカ棒)
先端が自由雲台になっている自撮り棒(セルカ棒)は意外と少なく、やっと見つけた安価な商品がYUNTENGブランドの三脚付きワイヤレスセルカ棒です。この製品を利用しているYouTuberをよく見かけます。
ゴリラポッドを登山で使う
このアイテム、長いこと横目で眺めていました。購入の決め手となったのは、クイックシューを標準装備している点です。
目からウロコの自撮り棒P08-Selfie、軽量コンパクト登山におすすめ
軽量コンパクトな自撮り棒を購入しました。標準サイズの自撮り棒をすでに所有していますが、荷物が多い雪山テント泊などでは軽量化のために装備から外すことが多いです。「もう少し軽ければ……」と思っていたところ、良さげな製品を見つけました。

コメント