マムートストアのスタッフが激押しする自社製品

とある登山用品店でマムートのコーナーをブラ見していたら、スタッフさんが熱く紹介してくれた商品があります。

ソフトシェルの「アルティメイトフーディーAF」(ULTIMATE HOODY AF)です。

マムートの「アルティメイト」シリーズには似た名前の商品がいくつかありますが、これはいちばんシンプルな名前です。マイナーチェンジ(胸ポケットが内側から外側に変更されるとか)しながら長く製造されているようです。

そのスタッフさんはコレを何着も買っており、雪山ではいつもこれを着るそうです。スマホを取り出して、雪山で活動している写真を見せてくれました。

ソフトシェルのBEST BUY

「そう言えば、ヤマケイの『GTR』か『山岳装備大全』でソフトシェルを取り上げてたな」と思い、バックナンバーを調べてみました。

山と渓谷2016年3月号の連載「GTR」(VOL.23 SOFTSHELL JACKET)で、「アルティメイトフーディーAF」がBEST BUYの称号を獲得しています。

ちなみに、そのときエントリーしたのは次の6製品です。

➡ MAMMUT / ULTIMATE HOODY AF MEN 再掲

➡ PATAGONIA / RECONNAISSANCE JACKET

BLACK DIAMOND / INDUCTION SHELL

HAGLOFS / SKARN WINTER HOOD MEN

➡ OUTDOOR RESEARCH / ICELINE JACKET

Outdoor Research Men's Iceline Jacket and Pants

➡ FINETRACK / PNEUMO WRAP

ゴアウインドストッパーは縫い目をシーリングしないほうがヌケがいい

防水透湿素材として、ゴアウインドストッパー(GORE WINDSTOPPER)を採用しています。

先年シームテープが解禁されたことにより、透湿性がズバ抜けたレインウェアがぼちぼち登場しています。

モンベル2018年春夏カタログの見どころ
甲斐駒ヶ岳から帰宅すると、郵便受けにモンベルのカタログ「2018 Gear Catalog」「2018 Spring & Summer Clothing Catalog」が届いていました。 本家サイトの「カタログのご案...

「通常のゴアテックスとゴアウインドストッパーとは、メンブレンがそもそもちがうのですか」と質問してみました。スタッフさんはゴアテックスについて研修を受けたそうなのですが、メンブレンの詳細までは把握されていないようでした。

モンベルのホームページにはゴアウインドストッパーについて

耐水圧:30,000㎜以上
透湿性:43,000g/㎡・24hrs(JIS L-1099B-1法)
撥水性:超耐久撥水(洗濯20回以上)

と記載されています。

透湿性は、昨年(2017年)ミレーから発売されて注目を集めた「ドライエッジティフォン50000」(50,000g/㎡/24hrs)に匹敵する数字です。

「これだけ透湿性の高い素材があるのなら、さっさとシームテープを解禁すればよかったのに」と思わないでもありません。

さて、本題の「アルティメイトフーディーAF」ですが、シームテープによる目止めはされていません。スタッフさんによれば、目止めしないほうが断然ヌケ(透湿性)がいいそうです。シームテープが全体の面積に占める割合は数パーセントですが、その数パーセントの影響が大きいとか。

腰まで開くベンチレーションはザックのウエストベルトと相性がいい

「アルティメイトフーディーAF」の脇下のベンチレーションは腰まで全開できます。

そのスタッフさんは腰の部分を少し開いて、ザックのウエストベルトをジャケットの内側で留めるそうです。そうすると、行動中にジャケットの裾がずり上がってこないので快適だとか。

なるほど。

廃番?

どうやらこの商品、アウトレット化するようです。好日山荘のWEB SHOPではこんな値段が付いています。

¥46,440税込 → ¥37,152税込

すでに後継なのかマイナーチェンジなのか「Ultimate V SO Hooded Jacket AF」という名前の商品が入荷して、展示されています。

比較してみると、定価が安く、重量が軽くなりました。しかしながら、フロントファスナーがダブルジッパーではなくなっています。私がそれを指摘すると、スタッフさんは軽くショックを受けたようでした。「さっき展示したばかりなので気づきませんでした」とのこと。「アルティメイトフーディーAF」に愛着がおありだったのでしょう。

うーん、良さそうだなぁ。でも、当分はマーモットの「ザイオンジャケット」で行くつもりなので、この価格帯の商品にポンポンと手を出せません。

雪山登山用アウターシェルはマーモットのザイオンジャケットでいこう
ポーラテック(Polartec)社のネオシェル(Neo shell)素材の製品が欲しかった 雪山に復帰し、新しい知識を仕入れるべく山岳雑誌を舐めるように読んでいたとき、最先端の防水透湿素材であるポーラテック(Polartec)社のネオ...

念のためにレインウェアを携行する

雪山で万が一、雨が降った場合を想定すると、やはり予備にレインウェアを携行したほうがいいですよね、と話をふると、「僕はこれを持っていきます」と紹介してくれたのが、「AEROSPEED Jacket」です。

こちらの防水透湿素材はパーテックスシールド プラス(Pertex Shield+)。3レイヤーで裏地がベタつきにくく、胸ポケット1つ、ハンドポケット2つが付いており、利便性が高い。

こちらは購入を検討中です。

コメント