自撮り棒(セルカ棒)おすすめ GoEasy〜組み立て編

気になっていた自撮り棒を購入しました。

最も汎用性が高いタイプで、Amazonでもトップ人気となっています。自撮りだけでなく、三脚として自立し、10メートル以上離れた場所からBluetoothリモコンでシャッターを切ることができます。雲台はGoProと互換性があります。

開封の義

パッケージ前面

パッケージ背面と中身

ブランド不明ですが、外箱には「GoEasy Pole SELFIE STICK」と記載されています。

重量

中身の合計は実測で329グラムでした。

比較用のコンパクトタイプの三脚は実測492グラムでした。

グリップ部の部品

グリップ底のネジ穴に三脚またはストラップを装着できます。

グリップ底にストラップを装着した状態

グリップ底に三脚を装着した状態

ヘッド部の部品

ヘッド部は組み立て済みでした。

ヘッド部を分解した状態です。

スマホ用のアダプタの片側のパッキンがすぐに剥がれましたが、接着剤で簡単に補修できます。

スマホのアダプタにはネジ穴が2箇所あります。

スマホの装着方法

スマホ用のアダプタはバネの力でスマホを固定します。

シリコンカバーに入れたNexus5が余裕で収まりました。Zenfone2だとギリギリでした。

雲台をどちらのネジ穴に固定するか、縦位置か横位置か、によって4パターンの装着方法があります。

側面のネジ穴を利用し、横位置に設定

側面のネジ穴を利用し、縦位置に設定

背面のネジ穴を利用し、横位置に設定

背面のネジ穴を利用し、縦位置に設定

ポールを伸ばす方法

ポールを伸ばすには、左へ回して緩め、伸ばし、右へ回して締めます。これが3段くらいあるので、全部伸ばすには、左へ回して緩め、伸ばし、左へ回して緩め、伸ばし、左へ回して緩め、伸ばし、右へ回して締める、という手順になります。

ポールを縮めるには逆に、左へ回して緩め、縮め、右へ回して締める、という手順になります。

ポールへのアタッチメント部品

ポールへのアタッチメント部品が2個付属しています。

大きい方のアタッチメントをポールに装着した状態

スマホ用アダプタをはめ込んだ状態

小さい方のアタッチメントをポールに装着した状態

リモコンをはめ込んだ状態

グリップから親指が届く位置に調整しましょう。

リモコンとアタッチメントのクローズアップ

下部のラッチでパチリとはまります。この状態では電源スイッチをON/OFFしにくいです。

もちろん一般のカメラも装着できる

スマホ用アダプタを外して、ネジ穴に直接コンデジを装着

三脚単体に直接コンデジを装着

ピッケルにも装着できる

雲台はGoPro互換なのでピッケルに直付け可能です。

雲台とピッケルのクローズアップです。二股でピッケルのブレードを挟んでいます。

GoPro用アダプタがピッケル用雲台として使える
ラインホルト・メスナーの「ナンガ・パルバート単独行」にこんな一節があります。写真はあまり撮らなかった。ひとりでは、自分自身を写すのもそう簡単ではない。ピッケルの頭に溶接させた一本のねじを使って撮影するのだ。ねじにカメラを固定し、ピッケルを万

Bluetooth Remote Shutter編」に続きます。

この機種、現在品切れの模様。OEM製品の出品も見当たりません。
三脚がプラスチックになったこちらの製品が代替となるでしょう。
Bluetoothリモコン付きで縦位置撮影が可能なこちらも有力です。

変更履歴

  • 初公開(2017年4月7日)
  • アイキャッチ画像を追加し、写真にキャプションを焼き付けました。(2018年8月20日)
登山装備
神山オンライン

コメント