Amazfit Bip S をランナーズウォッチとして使う

Huamiのスマートウォッチ「Amazfit Bip S」をランナーズウォッチとして使ってみました。

Amazfit Bip S を登山で使う」で解説したのとほぼ同じ方法で、移動した軌跡を記録したり、距離や速度を測定したりできます。

ちがうのは以下の点です。

  • ワークアウトの種類としてウォーキングの代わりに屋外ランニングを選ぶ。
  • 登山では細かい登下降によって水平方向の移動距離が大きく変わるのであまり速度を気にしないが、平地のランニングやジョギングでは1km毎のタイムが気になる。

これらの点について、実際に走ってみた結果をもとに解説します。

Amazfit Bip S をランナーズウォッチとして使う3つの方法

屋外ランニング

ランニング開始

  1. 右ボタンスポーツ屋外ランニングと進みます。
  2. GPS測位中…と表示されるので、しばらく待ちます。位置情報の取得に成功しましたと表示されたら、下部のをタップします。
  3. ③②①…とカウントダウンします。で2回バイブレーションが鳴ります。
  4. 時間 0:00:00が表示されたら歩き始めます。

ランニング中

  1. 現在のステータスを確認する。
    常時表示なので何かボタンを押すといった操作は必要ありません。ステータスは上下2ページの構成になっています。

    • 1ページ目に「経過時間」「距離」「時速」「心拍数」が表示されます。
    • 2ページ目に「ステップ(歩数)」「歩数頻度」「歩幅」が表示されます。
  2. 1km進むごとに2回バイブレーションが鳴ります。
ワークアウト中、右からスワイプして音楽コントロールを出すことができます。他の機能は利用できません。

ランニング終了

  1. 右ボタンを長押しすると、の周囲にがアニメーション表示されます。が閉じるまで押し続けると、一時停止中の画面になります。
    • が閉じるまでの2~3秒間、時間は進行します。ゴールの少し手前で押し始める必要があります。
    • 🚥信号待ち等で一時停止するときは、右ボタンの長押し一時停止中で再開と操作します。
  2. 一時停止中の画面でをタップすると、「終了しますか?」と念押しされます。
    で一時停止中の画面に戻ることができます。
  3. をタップすると、ワークアウトの結果が縦に3ページ表示されます。さらにスクロールすると(4ページ目?)削除するがあらわれ、もし不要ならこの記録を削除できます。

Amazfit Bip SとZeppアプリを同期する

Amazfit Bip Sでワークアウトしたデータは一定時間後に自動的にZeppアプリに転送されます。

ワークアウト直後、ZeppアプリでプロフィールAmazfit Bip Sのページを開くと「データを同期中??%」と表示されるはずです。同期が完了すると運動記録(次項で説明)に表示されます。詳しくは「Amazfit Bip S を登山で使う「Amazfit Bip SとZeppアプリを同期する」」をご参照ください。

ワークアウト結果を振り返る

  1. Zeppアプリのトップメニューから、右上のクローバーアイコンをタップし、次画面の運動記録をタップします。
  2. ワークアウトの履歴が日時の降順で表示されます。タップすると、地図上に軌跡が表示されます。
    右上の共有アイコンをタップすると、ワークアウトレポートを画像形式でダウンロードできます。詳しくは「Amazfit Bip S を登山で使う「ワークアウトレポートを閲覧/ダウンロードする」」をご参照ください。
  3. 下にスクロールすると、様々な数値やグラフを閲覧できます。

    青い帯グラフが1km毎のラップタイムスプリットタイムをあらわします。最後のラップが<5と表示されているのは、距離が1km未満だったことを意味します。周回ごとに少しずつペースが上がっていることがわかります。

GPSによる距離の精度を検証する

今回のランニング(ジョギング)では自宅近くの周回コース(アスファルトの車道)を利用しました。Googleマップで計測すると約1.05kmのコースですが、Amazfit Bip Sを装着して走ると0.97~1.03kmの範囲を計測します。人間は道路の内側寄りを走るので、距離がやや短めになるはずで、その意味でなかなか精度が高いと言えます。

5周走ったときの地図を拡大し、kmアイコンをタップして1km毎の地点①②③…を表示するとこうなります。

スタート位置が北にズレている以外は、20m以内くらいの範囲に収まっています。このコースは1周=ほぼ1kmと見做せます。走り終わって右ボタンを長押ししようとした丁度そのとき、1km毎の通知が数秒間表示されて、操作を妨害されることが度々あります💦。偶然とは言いながら、好適なランニングコースに恵まれたものです。

屋内ランニング

屋外ランニングと同じコースを屋内ランニングモードで1周走ってみました。

ランニング開始

  1. 右ボタンスポーツ屋内ランニングと進みます。
  2. GPS測位は行わず、いきなり③②①…とカウントダウンが始まります。で2回バイブレーションが鳴ります。

ワークアウト結果を振り返る

ワークアウト中、ワークアウト終了の操作は屋外ランニングと同じですので省略します。

  1. 運動記録のリストではトレッドミルと表示されます。

    当然ながら地図は表示されません。距離は1.34kmとかなり長めに計測されました。おそらく内蔵する「3軸加速度センサー」で動きを監視し、独自のアルゴリズムで距離に換算しているはず。実際にトレッドミルで走ると、もっと正しい数字が出るのかもしれません。

ストップウォッチ

周回コースで1周ごとのタイムを正確に計測するにはストップウォッチを利用します。

ランニング開始/ラップの取得/一時停止/再開/終了

  1. 右ボタンタイマーストップウォッチと進みます。
  2. あとはスマホアプリのストップウォッチと同じような操作性となります。開始、スプリット(ラップ)タイムの取得、一時停止、再開、終了の方法を動画(28秒)にしてみました。

    終了すると、計測した数字はどこにも残りません。スプリット(ラップ)タイムを書き写すなら、一時停止の状態のままにしておく必要があります。

ストップウォッチを素早く起動する

ストップウォッチをよく使うなら、メニューをたどって起動するのは面倒です。

素早く起動したい人は、カスタマイズ可能なウォッチフェイスを利用してストップウォッチをショートカット設定するとよいでしょう。

  1. ウォッチフェイスを長押しすると、ウォッチフェイスの選択画面になります。
  2. 横にスワイプして「下側に3つの丸いアイコンがデザインされたウォッチフェイス」を真ん中に据え、下部にあるカスタマイズをタップします。
  3. 丸いアイコンをタップするたびに機能が入れ替わるので、ストップウォッチまで来たら、右ボタンを押下します。「この文字盤を適用しますか?」ときかれるのでをタップ(承認)します。
  4. 右のアイコンがストップウォッチに設定されました。

まとめ

この記事では「Amazfit Bip S」をランナーズウォッチとして使う方法を解説しました。

「Amazfit Bip S」の開封の儀や、初期設定についてはこちらの記事をご覧ください。

Amazfit Bip S 開封の儀と初期設定
Huamiのスマートウォッチ「Amazfit Bip S」を購入しました。 この製品の最大の特徴は、 半透過型TFTディスプレイ・常時点灯 です。 数多ある中華系スマートウォッチのなかでも珍しく、ある程度名の通ったメ...

「Amazfit Bip S」を登山で使う方法についてはこちらの記事をご覧ください。

Amazfit Bip S を登山で使う
Huamiのスマートウォッチ「Amazfit Bip S」を登山で使ってみました。 正直なところ、登山でGPSログをとるなら、「YAMAP」や「ヤマレコ」のようなスマホアプリのほうが総合的に便利です。こうしたスマートウォッチは...

Amazfit Bip Sで音楽コントロールする方法についてはこちらの記事をご覧ください。

Amazfit Bip Sで音楽コントロールする
Amazfit Bip Sはペアリングしているスマホ上の音楽アプリをコントロールする機能を搭載しています。が、初期状態ではその機能は有効になっていません。 音楽を聴きながら、Amazfit Bip Sの音楽を見ても、「曲名情報...
登山用品
神山オンライン

コメント