Amazfit Bip S を登山で使う

Huamiのスマートウォッチ「Amazfit Bip S」を登山で使ってみました。

正直なところ、登山でGPSログをとるなら、「YAMAP」や「ヤマレコ」のようなスマホアプリのほうが総合的に便利です。こうしたスマートウォッチは、

トレーニング登山でこそ役に立つ

というのが私の持論です。通い慣れた登山コースでトレーニングするとき毎回ていねいに山行記録を残そうとは思いません。

心拍数でトレーニング強度を調整したり、体調を推し量ったりするだけなら、ガーミンやプロトレックのような高価なスマートウォッチを買わなくても、安価な中華スマートウォッチで事足ります。

Amazfit Bip S をトレーニング登山で使う

新しい登山ウェアやギアを購入したら、通い慣れた高尾山で試します。世界一登山者が多い俗化された山を侮ることなかれ。稲荷山尾根を3往復すれば、塔ノ岳(丹沢)の大倉尾根を往復したくらいのトレーニングになります。

ワークアウト開始

高尾山ロープウェイの清滝駅のわき、稲荷山尾根の登山口からスタートします。

  1. 右ボタンを押下して縦にスクロールするとスポーツがあらわれます。
    他のスマートウォッチでは「ワークアウト」と称することが多いですが、本機では「スポーツ」と称します。
  2. スポーツをタップして、縦にスクロールすると、17種類のワークアウトが表示されます。公式サイトでは10種類とされていますが、アップデートで増えたようです。残念ながら登山 クライミング トレッキングといったモードはありません。仕方がないのでウォーキングを選択します。
  3. GPS測位中…と表示されるので、しばらく待ちます。位置情報の取得に成功しましたと表示されたら、下部のをタップします。
  4. ③②①…とカウントダウンします。で2回バイブレーションが鳴ります。
  5. 時間 0:00:00が表示されたら歩き始めます。

ワークアウトの途中

稲荷山の展望台付近がこの尾根のちょうど中間地点。ここまでのタイムで今日の調子がわかり、ゴールまでのタイムもおおよそ予測できます。

  1. 現在のステータスを確認する。
    常時表示なので何かボタンを押すといった操作は必要ありません。ステータスは上下2ページの構成になっています。

    • 1ページ目に「経過時間」「距離」「時速」「心拍数」が表示されます。
    • 2ページ目に「ステップ(歩数)」「歩数頻度」「歩幅」が表示されます。
  2. 1km進むごとに2回バイブレーションが鳴ります。
ワークアウト中、右からスワイプして音楽コントロールを出すことができます。他の機能は利用できません。

ワークアウト終了

稲荷山尾根のフィナーレ、見晴園地直下の長い階段を登り切ったところで時計を止めます。

  1. 右ボタンを長押しすると、の周囲にがアニメーション表示されます。
    が閉じるまでの約3秒間、時間は進行します。この数秒の誤差は通常の登山では問題になりませんが、秒単位でしのぎを削る種類のワークアウトでは気になるところです。
  2. が閉じるまで押し続けると、一時停止中の画面になります。
    この記事では基本的な使い方を説明するため、登りのワンピッチで切りました。下りのワンピッチではあらためてワークアウトを記録しました。頂上にいるあいだ一時停止中のまま放置し、下り始めでをタップして再開することも可能です。
  3. 下部のをタップすると計測を終了します。
  4. 本当に終了するか念押しされます。下部のをタップすると、ワークアウトの結果が縦に3ページ表示されます。さらにスクロールすると(4ページ目?)削除するがあらわれ、もし不要ならこの記録を削除できます。

Zeppアプリでトレーニング登山を振り返る

Amazfit Bip SとZeppアプリを同期する

Amazfit Bip Sでワークアウトしたデータは一定時間後に自動的にZeppアプリに転送されます。

  1. 右ボタンメインメニュースポーツスポーツ履歴マークがついた履歴はまだスマホに転送されていません。
  2. ZeppアプリでプロフィールAmazfit Bip Sのページを開くと「データを同期中??%」と表示されるはずです。同期が完了すると運動記録(次項で説明)に表示されます。

ワークアウトレポートを閲覧/ダウンロードする

  1. Zeppアプリのトップメニューから、右上のクローバーアイコンをタップし、次画面の運動記録をタップします。
  2. ワークアウトの履歴が日時の降順で表示されます。タップすると、地図上に軌跡が表示されます。下にスクロールすると、様々な数値やグラフを閲覧できます。右上の共有アイコンをタップすると、画像形式でダウンロードできます。
  3. [共有方法]のダイアログが出るので、[ワークアウトレポート]を選択します。さらに[ショート画像共有]と[ロング画像共有]のどちらかを選択します。今回は[ロング画像共有]を選択します。
  4. 画像はスマホ内に保存されます。画像全体は以下の通りです。
Amazfit Bip Sは「高度」を記録できません。Mi Smart Band 4とMi Fitアプリの組み合わせでは記録できました。試しにZeppアプリにMi Smart Band 4を接続(グループ会社だからなのか可能)したところ、「高度」を記録できました。やはりスマートウォッチ本体の機能に依存するようです。

トラックをエクスポートする

運動記録のトラック(軌跡データ)をエクスポートすることも可能です。

  1. 前項で説明した共有方法からトラックをエクスポートGPX形式を選択します。
  2. しばらく待つと、トラックがエクスポートされましたと表示されます。拡張子.gpxのファイルがスマホの「Zepp/gpx」配下に保存されます。さらにシェアからGoogleドライブGmailにオンライン共有できます。
  3. gpxファイルをテキストエディタで開くと、こんな感じです。
    なぜか「garmin」という文字列が見えます。他のシステムとの互換性が考慮されているようです。

    全体を調べたい人はこちらからダウンロードしてください。ダウンロード

Amazfit Bip S のコンパス(方位磁石)

登山で利用できる機能としてコンパス(方位磁石)に触れておきます。

一般のオイルコンパスと並べてみたところ、磁針の精度は申し分ありませんでした。

キャリブレーションと画面構成

右ボタンを押下してメインメニューを表示し、下にスクロールすると、7番目にコンパスがあらわれます。

  1. 初回起動時、「腕時計を装着して8の字に回して調整します」とキャリブレーションを促すメッセージが出ます。
  2. 手を立体的にぐるぐる回しつづけると、やがてコンパスが表示されます(左図)。下にスクロールすると位置情報北緯東経)が表示されます(右図)。

    ※室内で撮影したのでGPSを補足できておらず緯度経度の数値が表示されていません。

磁針はリアルタイムに追従し、連続表示は1分間

腕時計の向きを変えると、ちょっとカクつきながらも、磁針はリアルタイムに追従します。

連続表示は1分間が限界です。

  1. 他の画面と同様、8~9秒経過するとバックライトが消える。
  2. 1分経過すると、コンパス画面が閉じて、ウォッチフェイスに戻る。
    途中で指でタッチしてバックライトを点灯させても延長できない。

登山の現場では1分もあれば「地図の正置」や「方角の見定め」は問題なくできるでしょう。

コンパスをショートカット設定する

登山の現場で方角を確認したくなるたびに、メニューをたどってコンパスを起動するのは面倒です。

素早く起動したい人は、カスタマイズ可能なウォッチフェイスを利用してコンパスをショートカット設定するとよいでしょう。

  1. ウォッチフェイスを長押しすると、ウォッチフェイスの選択画面になります。
  2. 横にスワイプして「下側に3つの丸いアイコンがデザインされたウォッチフェイス」を真ん中に据え、下部にあるカスタマイズをタップします。
  3. 丸いアイコンをタップするたびに機能が入れ替わるので、まで来たら、右ボタンを押下します。「この文字盤を適用しますか?」ときかれるのでをタップ(承認)します。
  4. 真ん中のアイコンがコンパスに設定されます。

まとめ

この記事では「Amazfit Bip S」を登山で活用する方法を解説しました。

「Amazfit Bip S」の開封の儀や、初期設定についてはこちらの記事をご覧ください。

Amazfit Bip S 開封の儀と初期設定
Huamiのスマートウォッチ「Amazfit Bip S」を購入しました。 この製品の最大の特徴は、 半透過型TFTディスプレイ・常時点灯 です。 数多ある中華系スマートウォッチのなかでも珍しく、ある程度名の通ったメ...

Zeppアプリはトラック(軌跡データ)をエクスポートできるので、将来他社製品に乗り換えるとしてもデータを移行可能です。スマートウォッチ入門機として試しても無駄になりません。

登山用品
神山オンライン

コメント