ダイソーの【電池式】モバイルバッテリーの実力を検証する

ダイソーの【電池式】モバイルバッテリーの実力を検証する

ダイソーの【電池式】モバイルバッテリーの実力を検証しました。

リチウムイオンモバイルバッテリーが全盛ですが、

  • 非常時に入手しやすい。
  • 旧来の器具(ヘッドランプ、携帯ラジオ等)と相性が良い。

という点で、乾電池の便利さは健在です。

登山中にもしスマホのバッテリーが切れても、山小屋で単3、単4電池を入手して、ダイソーの【電池式】モバイルバッテリーに突っ込めば、急場をしのぐことができます。

開封の儀

パッケージ

ダイソーの【電池式】モバイルバッテリー(パッケージ)

使用電池 アルカリ単3乾電池×2個
最大出力 DC5.0V / 500mAh

電池は付属しません。USBケーブルは付属しません。

「iPhoneで約30%充電できます」と記載されていますが、iPhoneの世代は不明です。

【電池式】と言ったら、一般のリチウムイオンモバイルバッテリーだって「電池」です。正確には【乾電池交換式】と言うべきでしょう。

本体のUSB-A メス端子

ダイソーの【電池式】モバイルバッテリー(USB-A メス端子)

軽い力で開閉できる

ダイソーの【電池式】モバイルバッテリーの開閉

電池ボックスのカバーは軽い力でスライドして開閉できます。

プラス/マイナスを迷いやすい

ダイソーの【電池式】モバイルバッテリー(プラス/マイナスを迷いやすい)

電池の向きに注意。標準的な家電製品ではマイナス側がバネになっていますが、マイナス側とプラス側が混在しています。マジックで書き込むか、シールを貼るなどして迷わないようにすることをお勧めします。

奥側を取り出すのに苦労する

ダイソーの【電池式】モバイルバッテリー(奥側を取り出すのに苦労する)

2本の電池の仕切りが妙に高くて、奥側を取り出すのに苦労します。私は素手で取り出すことができません。ヘラ等でこじり出す必要があります。1円玉など柔らかい硬貨を利用してもよいでしょう。

放電性能テスト

セリアの電球型LEDライトを接続して放電性能をテストします。あいだに電流電圧チェッカーをはさんで電流量を計測します。

セリアの「電球型USBライト」をつなぐと、[電圧]が5V前後、[電流]が0.5A前後で放電が始まります。[積算電流](累積電流)が加算されていき、バッテリーが尽きると[通電時間]が停止します。

エネループ単3(スタンダード)

手持ちのエネループ(ニッケル水素充電池)で検証します。

ダイソーの【電池式】モバイルバッテリーのパッケージには「アルカリ単3乾電池×2個」と指定されています。ニッケル水素充電池の利用は自己責任となります。

アルカリ電池の電圧1.5Vに対して、エネループの電圧は1.2Vと低いので、過負荷で機器をこわす危険はないでしょう。


エネループをKINDEN C4で充電しました。公称値より大きめの電圧、電流量を表示して満充電となりました。

充電と放電の結果

充電 放電
電流量(mAh) 通電時間 電流量(mAh) 通電時間
1回目 ①2,146 ①3:03 706 2:04
②2,001 ②4:42
2回目 ①2,029 ①3:34 689 1:55
②1,916 8:07
3回目 ①1,944 8:13 711 1:54
②2,072 ②3:58
平均 2,018 5:16 702 1:57

3回テストして平均をとります。

参考までに、左半分に充電時の個別の[電流量]と[通電時間]を記載しました。8:078:13とやけに時間がかかった理由は不明です。充電器との接触が悪かったのでしょうか。

放電した電流量の平均は702mAhでした。スマホを充電すると、もう少し効率が落ちるはずです。「iPhoneで約30%充電できます」と言うのは、iPhone8(バッテリー容量:1,820mAh)あたりを指しているのでしょう。平均的なAndroidスマホ(バッテリー容量:3,000mAh)を充電すると、おそらく20%くらいしか満たすことができません。

あれ? エネループ単3スタンダードの容量は1,900mAh。2個なら3,800mAhじゃないの?

残念ながらそうはなりません。一般的なリチウムイオンモバイルバッテリーとは電圧がちがいます。

モバイルバッテリーの実力を電力(電流×電圧)ではかる

モバイルバッテリーの実力をはかるときは、電流量(mAh)だけでなく、電圧(V)を考慮する必要があります。

電力(W)=電流(A)×電圧(V)

という不滅の公式を頭に入れましょう。この「電力」こそがモバイルバッテリーの実力をあらわします。

ダイソーの【電池式】モバイルバッテリー(と言うよりはUSB)の定格電圧は5Vですので、1.2Vを5Vに昇圧するために、電流量は24%(1.2÷5)すなわち912mAh(3,800mAh×24%)に減少します。これはあくまで理論値であり、さらに回路の電気的ロスによって減少します。その結果が前記の702mAhです。

モバイルバッテリーの電流量と電圧

なお、2個の電池は直列に接続されているので、電圧2.4V、容量1,900mAhの1個の電池とみなすことができます。その場合も計算結果は同等です。

一般的なリチウムイオンモバイルバッテリーの放電効率は60~70%と言われています。これは内部電圧3.7Vを5Vに昇圧すると74%(3.7÷5)に減少し、さらに回路の電気的ロスにより減少するためです。

リチウムイオンモバイルバッテリーと同等の放電容量を得るには

ダイソーの【電池式】モバイルバッテリーとエネループ
ニッケル水素電池は、一般的なリチウムイオンモバイルバッテリーと比較すると、重量当たりのエネルギー密度が低いことを肝に銘じる必要があります。

機器 重量 放電容量
500円モバイルバッテリー(T362) 74g 約1,970mAh
Thrunite C2 +18650リチウムイオンバッテリー(3,500mAh) 85g 約2,100mAh
本製品+エネループ単3×2個 75g 約700mAh
本製品+エネループ単3×6個 179g 約2,100mAh

ダイソーの500円モバイルバッテリー(T362)18650リチウムイオンバッテリー(3,500mAh)と同等の放電容量を得るには、エネループ単3×6個が必要で、重量は2倍以上になります。

まとめ

リチウムイオンモバイルバッテリーとは別途、本製品をザックやカバンに忍ばせておけば、いつか救われる日が来るかもしれません。バッテリーボックスだけなら23gです。

併用するもよし、どちらかに統一するもよし。重量と使い勝手をはかりにかけて、自分に合ったモバイルバッテリーを選択しましょう。

この記事では結局、「本製品の実力」と言うよりは「電池の実力」を検証したことになります。いずれ他社のバッテリーボックスでテストして、電気的ロスの度合いを比較したいと思います。100均のアルカリ電池を比較レビューするなんてのも面白そうです。

コメント