撥水ダウンを自作する~リサーチ篇

たとえばパタゴニア製品のようなプラズマ処理なんて一般人にできるわけがありません。たんに市販の撥水剤で処理するだけですが、現在の撥水ダウンの状況や、洗濯の手順、撥水の手順など整理してみました。

撥水ダウンの潮流

日本で撥水ダウンを採用した製品が出回り始めたのは、2012年~2013年頃です。

メーカー毎の独自の名称や、紹介動画、記事をまとめてみました。

QUIX DOWN

東レインターナショナルが開発した超撥水のQUIX Downマーモットフォックスファイヤーが採用しています。

➡ Marmot ダウンジャケット コンプリートクイックス

2018年現在、マーモットは「マーモット・ダウンディフェンダー」という独自処理したダウンに移行しています。

➡ Foxfire 3DeFX Hybrid Jacket

超撥水羽毛 "QUIX DOWN(クイックスダウン)"

Q.Shield Down

Q.Shield Downマウンテンハードウェアの製品で採用されています。

➡ ゴーストウィスパラーダウンジャケット

Q SHIELD Down – 撥水ダウンインシュレーション
Mountain Hardwear Q.Shield Down

Ultra Dry Down

Ultra Dry DownはHiker’s Depot(Highland Designs)やNANGAの製品で採用されています。

Hiker’s Depotさんの記事

  • Superlight UDD Jacket
  • DOWN BAG UDD
    国産シュラフ・メーカー『NANGA』と共同開発したウルトラドライダウンの特性や、ウルトラドライダウンを搭載した製品の開発秘話など書かれています。

「バックカントリー穂高」さんによる紹介動画

登山 シュラフの選び方 これで熟睡できるよ!BC穂高

オンラインショップの「シュラフ」ページにはNANGAのウルトラドライダウン製品だけが掲載されています。

HydroDown

HydroDownはバーグハウスの製品で採用されています。

➡ MEN’S EXTREM MICRO DOWN JACKET

Berghaus HydroDown Technology

エンカプシル・ダウン

エンカプシル・ダウンはパタゴニアの製品で採用されています。エンカプシル・ダウン・ビレイ・パーカは、1,000フィルパワーという飛び抜けたスペックと、84,000円という飛び抜けた価格で注目されましたが、公式オンラインショップには現在見当たりません。後続の製品は出るのでしょうか。

パタゴニアのエンカプシル・ダウン
エンカプシル・ダウン・ビレイ・パーカ:パタゴニア

「雨にも負けないダウン」

ユニクロのシームレスダウン。羽毛を撥水処理し、縫い目を溶着処理するのはアウトドアブランドのトレンドそのままです。シームレスダウンパーカは、マウンテンハードウェアの「ストレッチダウンプラスフーデッドジャケット」と比較すると半分の価格です。ユニクロがアウトドア業界の一部から脅威とみなされる理由がわかります。

UNIQLO Seamless Down Experiment

洗濯篇」「撥水篇」に続きます。

変更履歴

  • 初公開(2017年5月3日)
  • マーモットが「マーモット・ダウンディフェンダー」に移行したことを追記しました。リンク切れを修正しました。(2018年6月6日)
登山装備
Kamiyama Online

コメント