雪山登山用トレッキングパンツ再考

選択の基準

日常生活でも使いたい

登山向けのトレッキングパンツは伸縮性が高く、ファスナー付きポケットが豊富なので、アウトドア活動のみならず、日常生活でも利用範囲が広いです。

私は洗い立てをパジャマとして履き、翌日はそれをジョギング用パンツとして使い、汗をかいたら洗濯機に放り込みます。入浴後は別の洗い立てのトレッキングパンツを履きます。登山に出かける前日はもちろんその登山に見合ったトレッキングパンツを履いて就寝します。

なぜかヤマケイの「山岳装備大全」の対象外ブランド

なぜかマーモット、フォックスファイヤーといった「先鋭派ではないブランド」の商品が多いです。山と渓谷2017年10月号の連載「山岳装備大全」がトレッキングパンツを取り上げたのですが、対象ブランドではありませんでした。

色はグレイ系がコーディネートしやすい

色はほとんどがグレイ系です。グレイという色は自己主張しないので、他の登山用具、たとえばジャケットやTシャツ、ザックの色と干渉しにくいのでコーディネートしやすい。私は実行したことがありませんが、ビジネスカジュアルのオフィスで履いている人を見かけたことがあります。


薄手4着、中厚手4着、厚手4着、極厚手2着の合計14着を所有していますが、そのうち雪山向きの厚手パンツ、極厚手パンツを紹介します。

THE NORTH FACE / マルチパーパスパンツ

2008年頃購入。雪山用と言うより、冬場のフリークライミング用です。

足元が見やすいようにMサイズを選択しました。それでも足上げに問題がないスチレッチ性能があります。

かなり古いモデルなのでメーカーは元より、Amazonにも情報がありません。ナチュラムのページでスペックを見ることができます。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) MULTI PURPOSE PANT NT57401
【6500円以上送料無料】THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) MULTI PURPOSE PANT NT57401はナチュラム。口コミ・レビューや関連商品などの情報まで合わせてチェック。アイテム数20万点の世界最大級アウトドア用品・釣り具通販のナチュラムにすべてお任せください。

現行モデルは軽量化されています。

【全体】

裾裏

ドローコード無し。

腰裏

現行モデルは腰ポケットが左側にもあります。

タグ

品番はNT57401です。

重量

重量はMサイズで約590gです。

Foxfire / サーモテックレイヤードパンツ

2011年頃購入。雪山用と言うより、冬場のフリークライミング用です。

腰回りはベルトではなく、ドローコードで締めます。裾にドローコード無し。シンプルなところが気に入っています。

現行モデルと言えるのは、名前が変わった「サーモコアレイヤードパンツ」です。

全体

裾裏

ドローコード無し。

腰裏

タグ

品番は5114755です。

重量

重量はLサイズで約558gです。

OUTDOOR PRODUCT / ボア カーゴパンツ

2014年頃購入。雪山用と言うより、冬場のボルダリング用です。

ボルダリングは山歩きとちがって、じっと腕力の回復を待ったり、ムーブを探ったりする時間が長いので身体が冷えやすい。前出のFoxfireだと保温力が足りず、裾を絞れないので寒気が侵入し放題です。もっと起毛が厚いトレッキングパンツを探しましたが、登山用では見つかりませんでした。

このパンツはジーンズ屋さんで三千円くらいで売られています。この種のパンツのなかでは生地の光沢が目立たない商品です。チャコールグレーとカーキの2着所有しています。

これだけボアが厚いと足上げがしにくいかと思いきや、シルエットが太目で、表のポリエステル生地がツルツルなので、ボアと干渉しません。

本格的な登山でも通用しそうですが、万が一のことがあったとき「こんな安いウェアを着てるからだ」と叱られそうなので躊躇しています。冬場のピクニックや自然観察なら問題ないでしょう。

全体

裾裏

ドローコード有り。

腰裏

タグ

重量

重量はLサイズで約499gです。

他のトレッキングパンツより軽いくらいですが、ボアの暖かさは一段上に感じます。

Marmot / ACT EASY WARM PANT

2015年頃購入。雪山用と言うより、冬場のボルダリング用です。

雪山に復帰した昨シーズンはこいつをゴアテックスのレインウェアの下に着ていました。

Marmot(マーモット) ACT EASY WARM PANT MJP-F2033
【6500円以上送料無料】Marmot(マーモット) ACT EASY WARM PANT MJP-F2033はナチュラム。口コミ・レビューや関連商品などの情報まで合わせてチェック。アイテム数20万点の世界最大級アウトドア用品・釣り具通販のナチュラムにすべてお任せください。

現行モデルはポケットの作り(ファスナーの縦横など)が変更されています。

全体

裾裏

ドローコード有り。

腰裏

腰のポケットはMarmot特有のフラップ&面ファスナーです。

タグ

品番はMJP-F2033です。

重量

重量はLサイズで約564gです。

Marmot / Peak Up Warm Pant

雪山やハイキングには前出のACT EASY WARM PANTを着ていくことが多かったのですが、裏地のフリースがやや足にまとわりつき足上げがしにくい感触があります。単体で使う分にはそれほどでもありませんが、オーバーパンツ(ゴアテックスのレインウェア)を重ね着すると気になります。

二重生地ではなく、起毛が裏にパンチングされているパンツを探していました。

このモデルは数年前から存在しましたが、シーズンを過ぎても割引価格にならずに春夏商品と入れ替わってしまうのを横目でながめていました。

このたび初冬の西穂高岳に投入すべくICI石井スポーツで購入しました。

全体

裾裏

腰裏

タグ

品番はMJP-F7042です。

重量

重量はLサイズで約533gです。(タグ含む)

初冬の西穂高では行動中、気温マイナス10℃、風速10mくらいでしたが、このパンツにオーバーパンツを重ね着するだけで暑くも寒くもなく丁度よかったです。もちろん足上げも良好でした。

初冬の西穂高岳をカジュアルに登る【入山編】2017年12月21日
なぜ「カジュアル」なのか初冬の西穂高岳にテント泊で登ります。早起きして、電車とバス、ロープウェイを利用して西穂山荘まで入山し、次の日に西穂高岳を往復し、下山する計画です。一泊二日ですが、ベースキャンプへの帰着が遅くなったら、もう一泊します。
初冬の西穂高岳をカジュアルに登る【登頂編】2017年12月22日
テント場お隣りの方達が動き出したので目が覚めました。それから間もなくスマートフォンがアラームを鳴らしました。テント内の気温は-7℃くらいでした。好天です。無事戻ってこれますように。先行者の姿が見えると安心します。丸山丸山から行く手を望みます

コメント