雪山登山用帽子はモンベルのノースポールキャップでいこう

雪山登山用帽子はモンベルのノースポールキャップでいこう

雪山で何かぶる?

岩稜ならヘルメット。雪稜もそれでいいんじゃない?

以上。

……だと話が終わりますので、比較的ゆるやかな縦走路における防寒防雪用に限定します。

選択するにあたって条件は以下の通りです。

  1. ニットだと雪が付きやすいので、シェルで覆われていること。
  2. 強風にあおられにくいようにツバがコンパクトであること。
  3. 強風に万が一でも飛ばされないようにアゴひもが付いていること。

NORTH FACEの旧バッドランドキャップ

バッドランドキャップとフェイスマスク

先シーズン、雪山に復帰したときにはノースフェイスのバッドランドキャップとフェイスマスクを併用しました。これはあまり調子よくありませんでした。

バッドランドキャップ側面

バッドランドキャップは頭の形状が浅く、なんだかローライズのパンツをはいたようで落ち着きません。それなのにツバはかなり長いため、視界がふさがれ、風にあおられやすい。このアンバランスさは不可解です。

2016年12月に楽天市場でセール価格の3,770円で購入しました。たぶん旧モデルでしょう。現行モデルはツバがやや短くなったようです。

無名ブランドのフェイスマスクのほうは首の横があくので三千メートル級の風雪のなかでは力不足でした。

この件は別の記事で書きました。

昔ながらのツバ付きの目出し帽(バラクラバ)が登山用品店から消えた
雪山復帰の初戦。私は黒百合平から東天狗岳を目指して登りました。樹林帯から稜線にさしかかると、風雪が強まり、目に雪が飛び込みます。サングラスをかけよう。うわっ、一瞬で曇った。あれれっ、こんな感じだっけ? 仕方なくサングラスなしで過ごしました。

2017年12月初旬に谷川岳に登りました。そのときバッドランドキャップをかぶるつもりでしたが、やはりどうにもこうにも頭へのおさまりが悪い。自宅を出る寸前に普通のニットキャップに変更しました。

モンベルのノースポールキャップ

旧モデルを安く買った

ひそかに注目していたモンベルのノースポールキャップ(ブランドロゴが額にドーン)を買うことにしました。背に腹は代えられません。

2017年12月中旬にモンベルストアに行ったら、目当てのガンメタル(暗灰色)が見当たりません。

店員さんに聞いたところ、モデルチェンジしてラインナップから消えたとのこと。
「つい先日見かけたんですけど」
と言ったら、在庫を調べてくれました。

全国で3個だけガンメタルが残っているとのこと。即座に取り寄せを依頼しました。

過去のカタログを調べたところ、2シーズン前のカタログに載ったのが最後です。

旧モデルなので若干安く買えたのはケガの功名でした。

【モンベル】ノースポールキャップ
モンベル独自の高強度シェル素材に、万全の防風性を備えるウィンドストッパー®ファブリクスを合わせ、暖かなフリース素材の裏地を付けた防寒キャップです。耳当てはベルクロとバックルでしっかりと留められるので、風の強い状況でも飛んでしまうことはありません。登はん時、上方の視界を確保したい場面などにも考慮して、ツバは取り外...

「2018〜2019 Fall & Winter Clothing Catalog」で新モデルとしてブラックとダークネイビーが登場しました。どちらも落ち着いた色です。

【モンベル】ノースポール キャップ
万全の防風性を備えるウインドストッパー®ファブリクスを使用した表地に、暖かなフリース素材の裏地を付けた防寒キャップです。耳当てはあごで留められるので、強風下でも飛ばされにくくなっています。上方の視界を確保したい場合はつばを取り外すことができます。※縫い目に防水処理は施していません。

外観

バッドランドキャップと形状を比較すると、頭頂部の形はあまり変わりませんが、後頭部をしっかり覆う形状なので、頭にのせたときに安定感があります。

正面

モンベル ノースポールキャップ正面

側面

モンベル ノースポールキャップ側面

背面

モンベル ノースポールキャップ背面

アゴ

アゴはバックルとベルクロを併用する

強風にあおられることを考慮すると、やはりアゴは留められるようになっていて欲しい。この帽子はバックルとベルクロの併用でしっかり留めることができます。アゴに当たる部分にまでしっかりフリースが貼られています。(バッドランドキャップはストラップが剥き出し)

その他

価格タグなど

モンベル ノースポールキャップの価格タグなど

帽子内側のタグ

モンベル ノースポールキャップ内側のタグ

防風素材としてゴア ウインドストッパーを採用しています。

ツバを取り外し可能

ツバを取り外し可能

ツバは強風にあおられにくいコンパクトなサイズです。

3箇所のホックで着脱可能です。ゴーグル着用時など、ツバが邪魔なら取り外すことができます。

雪山用帽子の暫定1位

現時点で私のなかで雪山用帽子の暫定1位はコレです。暫定1位……なんて奥歯にモノがはさまったような言い方をするのは、他のメーカーさんもちょっと頑張ればもっと良いものができるでしょう、と言いたいからです。

ひとまず今季の雪山用帽子はモンベルのノースポールキャップでいきます。

その他の雪山用帽子のおすすめ

アゴ紐がないタイプを含めて、有力な製品を紹介します。

THE NORTH FACE / バッドランドキャップ

防水透湿性素材のハイベントを使用。後頭部は覆われていません。現行モデルはツバが短めになりました。

バッドランドキャップ – GOLDWIN

THE NORTH FACE / フロンティアキャップ

防水透湿性素材のハイベントを使用。ツバにはワイヤーが入っており、ハネあげて視界を広くできます。

フロンティアキャップ – GOLDWIN

THE NORTH FACE / エクスペディションキャップ

GORE-TEXを使用。ツバにはワイヤーが入っており、ハネあげて視界を広くできます。

エクスペディションキャップ – GOLDWIN

THE NORTH FACE / ウールイヤーキャップ

GORE-TEX WINDSTOPPER®をライニング。THE NORTH FACE製品で軽快なタイプを選ぶならコチラです。

ウールイヤーキャップ – GOLDWIN

Patagonia / シェルド・シンチラ・ダックビル・キャップ

両耳の下にループがあるので、アゴ紐を自分で追加できます。

☞ シェルド・シンチラ・ダックビル・キャップ – Patagonia

Patagonia / メンズ・ウォーターレジスタント・シェルド・シンチラ・キャップ

前頭部に魚のロゴが付いています。海や川など森林限界より下での利用を想定しているようですが、冬山・雪山で十分通用します。

メンズ・ウォーターレジスタント・シェルド・シンチラ・キャップ – Patagonia

berghaus / ハイドロシェルキャップ

独自の防水透湿素材Hydroshellを使用。ツバにはワイヤーが入っており、ハネあげて視界を広くできます。前頭部のスナップボタンで留めることもできます。

ハイドロシェルキャップ – berghaus

HELLY HANSEN / ファイバーパイルフライトキャップ

前頭部に2つスナップボタンが付いており、ツバをハネ上げて留めれば、視界を広くできます。

ファイバーパイルフライトキャップ – GOLDWIN

nakota / フライトキャップ

無名ブランドですが、NORTH FACEの「フロンティアキャップ」に近い外観です。ツバにはワイヤーが入っており、ハネあげて視界を広くできます。

Foxfire / GORE-TEXサイベリアCAP

GORE-TEXを使用。前頭部のロゴの裏側にスナップボタンがあり、ツバをハネ上げて留めれば、視界を広くできます。

GORE-TEXサイベリアキャップ – Foxfire

Foxfire / クラシックフラップキャップ

クラシックフラップキャップ – Foxfire

Marmot / WOOLWRAP Cap

軽量コンパクト。耳当てを内側に折り込めば、普通のキャップのような外観になります。

WOOLWRAP Cap – Marmot

Millet / プリマロフト リップストップ キャップ

中綿にプリマロフトを使用した軽量で暖かいモデルです。

プリマロフト リップストップ キャップ – Millet

karrimor / サミット 3L キャップ

ツバにはワイヤーが入っており、ハネあげて視界を広くできます。THE NORTH FACEの「エクスペディションキャップ」と比較したいモデルです。左サイドのロゴ以外、黒一色の渋好みのデザイン。耐水圧20,000mmは雪山では十分すぎます。

☞ summit 3L cap – karrimor

Haglöfs / MOUNTAIN CAP

ツバにはワイヤーが入っており、ハネあげて視界を広くできます。ツバ、耳当てともスナップボタンで固定することができます。

☞ MOUNTAIN CAP – Haglöfs

変更履歴

  • 初公開(2018年1月11日)
  • 見出しを整理し、写真を追加し、「その他の雪山用帽子のおすすめ」を追加しました。(2018年12月7日)

コメント