登山テント遍歴(5)~西表島のジャングルを横断した安物テント

西表島のジャングルを横断した安物テント

「西表島ジャングル横断」と言うと、生い茂るヤブをナタで切り開き、沼に腰まで浸かりながら進軍するイメージがありますが、実際にはトレッキングコースが整備されています。

1980年代、博多発の「えめらるどおきなわ」に一昼夜揺られて那覇港に着きました。

「えめらるどおきなわ」のパンフレット

「えめらるどおきなわ」のパンフレット

那覇港に着いて、道行く女子中高生を見ると、浅黒く、すらりとした美人が多い。「おぉっ、みんな早見優じゃないか」と喜びました。

奥武山公園に安物のドーム型テント

奥武山公園に安物のドーム型テント

奥武山公園にベースキャンプを設営しました。もちろんキャンプ指定地ではありませんが、古き良き時代のこととて黙認されていました。

安物のドーム型テントにはいちおうポール中間部に張り綱をとるループなど見えますが、公園の芝生の上でそんなもの利用するわけありません。フライシートをかぶせた記憶もありません。

守礼門の前できれいなお姉さんと写真撮影

守礼門の前できれいなお姉さんと写真撮影

レンタサイクルで市内の観光名所をめぐりました。守礼門の前できれいなお姉さんと写真撮影。これからジャングル横断するようには見えません。

レンタカーを動員して、沖縄本島一周の旅へ

レンタカーを動員して、沖縄本島一周の旅へ

次の日はレンタカーを動員して、沖縄本島一周の旅へ。車のデザインが時代を物語っていますね。

ムーンビーチできゃっきゃと遊ぶ三人

ムーンビーチできゃっきゃと遊ぶ三人

ムーンビーチできゃっきゃと遊ぶ三人。いつになったらジャングル横断が始まるんだ。

西海岸を北上する道すがら、海中展望塔で魚を眺めたり、座喜味城跡の石垣に登ったり、米兵に缶ビールをめぐまれたりしました。最北部の辺戸岬で公民館に泊まらせてもらい、地元の青年と酒宴を囲みました。翌日は東海岸を南下し、玉泉洞で山積みになったシャレコウベ💀に瞠目し、ハブとマングースの死闘を見守り、ひめゆりの塔でしんみりし、奥武山公園に戻ってきました。途中、路傍のパイナップル畑からなにやら1個失敬しましたが、固くて酸っぱかったです。

奥武山球場で羽を伸ばす男たち

奥武山球場で羽を伸ばす男たち

ひと仕事終えた気分で、奥武山球場に侵入して羽を伸ばす男たち。

マリユドゥの滝

マリユドゥの滝

おいおいジャングル横断はまだか、と言われそうなので、石垣島経由、西表島へと一気に移動して、マングローブの生い茂る河をさかのぼり、トレッキングコースにやって来ました。

カンピレーの滝

カンピレーの滝

カンピレーの滝の近くに安物テントを設営。夜中、本土では聞いたことのないような虫だか動物だかの鳴く声がして、仲間たちは怯えていました。

翌日いよいよ核心のトレッキング……もとい、ジャングル横断の開始。手前に写っているデカいゼンマイが熱帯ムードを醸し出しています。

すごく生い茂っているように見えますが、足元のトレースは明瞭で、迷うところはありませんでした。ただ蒸し暑くてダレましたね。

大原海岸の砂浜にテント設営

大原海岸の砂浜にテント設営

南部の大原海岸に抜けて、砂浜にテントを設営しました。

これで今回の合宿のノルマを達成。あとは南国リゾートです。

竹富島の目抜き通り

竹富島の目抜き通り

竹富島に渡り、コンドイ岬の海岸にテントを設営しました。徒歩で簡単に一周できる小さな島です。

砂浜で知り合った人たちと人間ピラミッドを組む

砂浜で知り合った人たちと人間ピラミッドを組む

砂浜で知り合った人たちと人間ピラミッドを組むの図。

人間ピラミッド崩壊

人間ピラミッド崩壊

当然こうなります。

夜、民宿組の宴に乱入して、ご主人が奏でる蛇味線と民謡に聞き惚れました。

竹富島のハイビスカス

竹富島のハイビスカス

竹富島と言えば「星の砂」が有名です。

沖縄を満喫した最後の朝、船を待つ間に「星の砂」を探しました。そのへんの砂を手にすくうと、必ず何粒か含まれています。根気強くより分ける。やっとより分けた瞬間、微風にさらわれて手のひらからこぼれ落ちる。大の男が砂浜にすわって黙々と作業しました。20~30粒を持ち帰りましたが、いつしか失くしてしまいました。


楽天トラベル – ペンション星の砂

登山用品
神山オンライン

コメント