デイパックでトレッキングポールを持ち運ぶ小技

デイパックでトレッキングポールを持ち運ぶ小技

無雪期の山でも積極的にトレッキングポールを使ったほうが良いかもしれない、と試行錯誤中です。

そう思うにいたった経緯についてはこちらの記事をご覧ください。

雪山登山トレッキングポールおすすめ~そもそも必要か?
トレッキングポールって必要? 猫も杓子もトレッキングポール 今でこそ高尾山あたりの低山でもトレッキングポールを使う登山者をたくさん見かけますが、二十世紀の頃は雪山でもあまり見かけないシロモノでした。 私個人も使ったこと...

高尾山でよくトレーニング山行をします。東京西部に住んでいると、半日あればさっと行ってこれます。都会のアスファルトでジョギングするよりずっと気分がいい。トレーニングとは言っても、ダレない程度のスピードで登るだけです。でも、トレッキングポールで推進力を増せば、トレイルランナーみたいにスピードアップするかもしれません。

いつものデイパックで出かけました。

Gonex 超軽量リュックサック 折りたたみ 30Lを再購入した
チェストストラップのバックルを紛失しました。ストラップが長すぎる気がしたのでハサミで端を切り落としたのですが、それが失敗でした。 猛暑の高尾山の帰りに落としたらしい 猛暑の高尾山で背中から腰にかけての汗濡...

小技

ファスナーが開いて倒れてしまう

デイパックは高さがなく、ストラップ類もほとんどないので、トレッキングポールをサイドポケットに差すのは難しい。本体のファスナーを少し開けて、垂直に立てたのですが、トレッキングポールの重みでファスナーが開き、倒れてしまいます。

手提げ用のループに通せば倒れない

そこで、手提げ用のループに通してみました。すると倒れなくなりました。

手提げ用のループを手前から見るとこんな感じ

手前から見るとこんな感じです。

メリノウールの重ね着で汗処理を研究中

メリノウールの重ね着で汗処理を研究中

さて、稲荷山尾根を登り始めます。

毎度「速足で登山して、山頂で汗冷えし、下山しながら徐々に乾く」という状況になるので、ウェアの研究に最適です。

いつもは化繊メインですが、この日はメリノウールを重ね着してみました。

これは数年前に買ったもの。タイトフィットなので、雪山のベイスレイヤーとして優秀です。長袖ベースレイヤーの身頃がゆったり目だった場合、これを内側に着て隙間を埋めます。

メリノウール100%のTシャツでプリント(柄)付きはとても珍しい。これ一枚で過ごしても下着っぽくなくてよろしい。

こちらも数年前に買ったもの。GOLDWINのサイトでIcebreaker製品を見ると、ツートンカラーのモデルは現在取り扱っていません。本家サイトにもありません。旧モデルと思われる横縞付きのツートンカラー(個人的に好みではない)がAmazonで出回っています。

トレーニングだからこそトレッキングポールを使う

高尾山より富士山を望む

16時15分頃に登り始め、日没の富士山に間に合いました。ずっと手前の山裾に浮かぶ人工的な光は「さがみ湖リゾート」の観覧車でしょう。

さて、トレッキングポールを突いて、速足で登った結果はどうだったか。一定のリズムが生まれ、せわしなく手足を動かしている感じはあったのですが、特にタイムは向上しませんでした。おそらくトレッキングポールの扱いに慣れが必要なのでしょう。

左右の手で突き方がちがうことに気づきました。右手は問題ありませんが、左手はよく地面を空振りしたり、スリップしたりしました。左右とも手のひらや手首が少し痛くなりました。この短いコースで何千回、一日がかりの長いコースなら何万回も突くわけですから、上半身の筋力が要求されます。ボルダリングジムで継続的にトレーニングしていますが、トレッキングポールを突く動作はクライミングの動作とイコールではありません。

無雪期の山なんて、雪山と比べればはるかにラクチンなんだから、トレーニングのつもりでガシガシ歩くべし。トレッキングポールの石突きは山道や木道を痛める。先端にゴムを付けても、今度はそれが脱落してあちこちでゴミになるという問題がある。

……なんて思っていたのですが、雪山でトレッキングポールを使うなら、むしろそのトレーニングとして普段からトレッキングポールを使い慣れておいたほうが良いのではないかと思いました。

コメント