ダイソーの500円モバイルバッテリーを登山で使う

ダイソーで散財しました。500円のモバイルバッテリーです。

しばらく前に200円のヘッドライトを衝動買いした記事を書きました。

ダイソーの200円ヘッドライトを登山で使う
ダイソーで散財しました。200円のヘッドライト(ヘッドランプ)です。 他のモノを買いに行ったのですが、目についたコレを衝動買いしてしまいました。 開封の儀 パッケージ(表) パッケージ(裏) ライトの仰角を調整...

本命の買い物はモバイルバッテリーでした。本当は300円の製品(2,000mAh)を狙っていたのですが、身近なダイソー店舗では見かけませんでした。ある日、500円の製品(3,000mAh)が入荷していたので即買いしました。

開封の儀

パッケージ(表)

パッケージ(裏)

取扱説明書

同梱物

モバイルバッテリー本体の表面は艶消しされたプラスチックで、100均の商品(価格は500円ですが)とは思えない落ち着いた風合いです。短いUSBケーブル(USB-Aオス⇔microUSB-Bオス)が付属しています。

充電アダプタは付属していません。

ポートとLEDインジケータと残量確認ボタン

左から

  • USB-Aメスの出力端子
  • microUSB-Bメスの入力端子
  • LEDインジケータ
  • 残量確認ボタン(右側面)

です。

出荷時に約75%蓄電してあります。開封直後に残量確認ボタンを押すと、左から3個が点灯/点滅しました。

スペック

スペックは取扱説明書に記載されているほか、モバイルバッテリー本体の裏面にも刻印されています。

  • Charge in: DC5V 1.0A
  • USB out: DC5V 1.0A
  • Battery type: Lithium 3.7V 3000mAh

重量と外寸

重量は実測で103gでした。

外寸は、縦115mm×横67mm×厚さ8mmです。

Amazonで同じらしい製品を見つけた

Amazonでパッケージのデザインはちがいますが、中身は同じらしい製品を見つけました。

性能テスト

ケーブルを接続すると自動的に給電を開始する

私がこれまで購入したモバイルバッテリーは給電を開始するために残量確認ボタンを押す必要がありました。ダイソーの500円モバイルバッテリーは「ケーブルを接続すると自動的に給電を開始する」仕様になっています。

ZenFone2への給電テスト

ZenFone2のバッテリー容量は3,000mAhです。(約3年使用)

「懐中電灯」アプリを点灯しっぱなしにしてシャットダウンさせました。

ダイソーの500円モバイルバッテリーで80%まで充電できました。

モバイルバッテリーの出力容量は電力ロスにより公称値の70%程度と言われています。ダイソーの500円モバイルバッテリーであれば3,000mAh×70%=2,100mAhとなります。ZenFone2を80%まで充電したということは、3,000mAh×80%=2,400mAhの容量に相当します。ZenFone2のバッテリーが劣化(容量が減少)していることを考慮すると、ほぼ理論値どおりです。

Nexus5への給電テスト

Nexus5のバッテリー容量は2,300mAhです。(約4年使用)

「ライト」を点灯しっぱなしにしてシャットダウンさせました。

ダイソーの500円モバイルバッテリーで100%まで充電できました。

モバイルバッテリーの出力容量は電力ロスにより公称値の70%程度と言われています。ダイソーの500円モバイルバッテリーであれば3,000mAh×70%=2,100mAhとなります。Nexus5を100%まで充電したということは、2,300mAh×100%=2,300mAhの容量に相当します。Nexus5のバッテリーが劣化(容量が減少)していることを考慮すると、ほぼ理論値どおりです。

複数回テストしました。何回目かのテストで、十分に時間を置かなかったせいか98%までしか充電できていませんでした。出力は5V 1.0Aなので充電の速度は遅いです。その時点でLEDインジケータは3つ目が点滅する状態(残量50%~75%)でした。Nexus5のバッテリーを放電して、ひきつづき給電すると、19%まで充電できました。かなりバッテリーが劣化したスマホ相手ではありますが、満充電プラスアルファの給電性能があることがわかりました。

Nexus7への給電テスト

Nexus7のバッテリー容量は3,950mAhです。(約5年使用)

動画ファイルを繰り返し再生しシャットダウンさせました。

ダイソーの500円モバイルバッテリーで56%まで充電できました。

モバイルバッテリーの出力容量は電力ロスにより公称値の70%程度と言われています。ダイソーの500円モバイルバッテリーであれば3,000mAh×70%=2,100mAhとなります。Nexus7を56%まで充電したということは、3,950mAh×56%=2,212mAhの容量に相当します。Nexus7のバッテリーが劣化(容量が減少)していることを考慮すると、ほぼ理論値どおりです。

登山で使えるか

ZenFone2、Nexsu5、Nexus7への給電テストでは、ほぼ理論値どおりの結果となりました。電流電圧チェッカー等を利用した緻密な検証ではありませんが、スマホやコンデジの充電には十分な実用性をもっています。

容量/重量比で比較するともっと優秀なモバイルバッテリーがあるでしょうが、なんと言ってもコストパフォーマンス(価格/性能比)が素晴らしい。10回くらい充放電してみて、ガクンと劣化するような現象は今のところ見られません。

テント泊縦走に携行しても大丈夫だという感触を得ました。

サイズ感比較

私が持っている他のモバイルバッテリーとサイズ感、重量、容量を並べて比較してみました。

イチオシはThruNite C2です。

超小型軽量なモバイルバッテリー、ThruNite C2を登山で使う
超小型軽量なモバイルバッテリーThruNite C2を購入しました。 ThruNite C2 (3400Ah 最小最軽量モバイルバッテリー USB急速充電器ハブ) USBモバイルバッテリー ThruNite...

変更履歴

  • 初公開(2018年6月21日)
  • 写真を差し替え、追加しました。(2018年8月14日)

コメント