モンベルは何故「いけてない」のか

「いけてない」イメージ

みんなお世話になっているモンベル製品。

ウエアのデザインがもう少し垢抜けてくれればなぁ、とブチブチ文句を言いながら、ためつすがめつ眺めます。

何かの機能を求めて新しい装備を買い足すとき、ひとまず候補の一つに入れて、「このロゴさえなければなぁ」とため息をつきます。

全身モンベル製品で固めた登山者は「モンベラー」と揶揄されるとか。

ガイドの人達のあいだでは、モンベル製品を使っていると素人っぽく見られるので避けたほうがよいと言われているとか。(真偽不明)

ブランドロゴを見直すのはいかがでしょう

なぜ、こんな「いけてない」イメージが定着したのでしょうか。

創業まもない1970年代〜1980年代前半は気鋭の国内ブランドというイメージがありました。現在ならティートン ブロス(Teton Bros.)あたりに相当するかもしれません。

要因の一つとして、製品そのもののデザインよりも、ロゴのデザインを挙げたくなります。個人的には、◇(ひしがた)を組み合わせたMの字がどうにも「いけてない」と感じます。「mont」と「bell」の間に小さく描かれているくらいは見過ごせるのですが、ウエアの袖や背中にM字が単独でプリントされているのを見ると、正直なところ萎えてしまいます。私の中ではこのロゴになってから急速にイメージが下がりました。このロゴがなければ、売れ行きが上がるのではないかと思えるくらいです。

さきほど引き合いに出したティートン ブロスのロゴなどは私の目にはお洒落に映ります。小ぶり曲線絵柄を取り入れるのがポイントかもしれません。

パタゴニアはブランドイメージが高いため、お馴染みのロゴ(フィッツロイの山影に「Patagonia」の文字)が縫い付けられたウエアを着ると、それだけでプロっぽく見えます。しかし、ロゴそのものはあまりお洒落ではなく、前世紀のデザインに映ります。

時代の主流はミニマムデザイン。スターバックスは「絵柄+文字」から「絵柄だけ」に変更しました。アップルは初期は虹色のリンゴ、現在はモノトーンのリンゴです(最初は複雑な絵柄と文字のロゴだったが、すぐに使われなくなった)。

ここらでモンベルも……。

古いカタログのURL

さて、あれこれ勝手なことを書かせてもらいましたが、私は長年モンベル製品を愛用しています。

突き詰めると生死にかかわる世界ですから、やはり価格性能比に優れた製品を選びます。

最初に買ったモンベル製品は「ウルトラライトツェルト」でした。価格は9,800円、重量は480gだったと記憶しています。現行の「U.L.ツェルト」は価格は14,700円、重量は230g。時代の流れを感じますね。

一時期、登山から距離を置き、古いモンベルのカタログを処分してしまいました。「今を生きる」ぶんには、古いカタログなんてどうでもよいのですが、ギアマニアの血が騒ぎ出すと、製品の変遷を語りたくなります。

2011年以降のカタログであれば、モンベルのサイトで閲覧できます。公式には最新版のURLが「デジタルカタログ」のページに公開されていますが、過去のカタログが消失したわけではなく、URLの「年」を読み替えればアクセスできます。

2011年以降、というのがミソで、東日本大震災をキッカケとして過去の資産を記録に残す気運が高まったのだろうか、なんて想像します。もっと古いカタログも公開してほしいところです。

「カヤック&カヌー」カタログは以下の通りです。
※2011年と2013年は同じURLの規則では表示できませんでした。

2018年3月13日付で、スマホで見るカタログアプリのサービスを終了し、PC版のデジタルカタログについても公開を終了する旨、発表されました。上記のURLはいつリンク切れになるかわかりません。
カタログアプリ」サービス終了のお知らせ
凝ったフォーマットはいらない、と言うより閲覧しづらいだけなので、PDF版を公開してくれないものでしょうか。月刊誌「岳人」の電子書籍版が出る気配もありません。
「岳人」復活の兆し

どうにも時代錯誤的で「いけてない」感がつのります。

自分の登山歴を振り返るよすが

製品開発の歴史など概要が「モンベルヒストリー」のページに掲載されていますが、過去のオリジナルカタログや広告をズラリと公開すればもっと充実するのではないでしょうか。古い登山愛好家が自分の登山歴を振り返るよすがとなり、モンベル社にとってはファンを増やす恰好のマーケティングとなるでしょう。

変更履歴

  • 初公開(2017年9月19日)
  • 電子カタログのサービス終了に付いて追記しました。(2018年7月11日)
登山装備
神山オンライン

コメント