ウルトラライトなザックカバー

ウルトラライトなザックカバー

ウルトラライトなザックカバー

ん? これ何?

正体は家庭用のポリ袋

夏に2~3泊の山行で、ウルトラライトなザックカバーとして、家庭用の極薄・半透明のポリ袋を携行しました。

遠目にはハイテク素材のキューベンファイバーに見えるかもしれません。(かなり贔屓目)

簡単な加工で使える

装着用のストラップなど特別な加工は不要です。ショルダーストラップを通すための穴を2つ開けます。はさみでチョキチョキ。穴が裂けて広がるのを避けるため、細長い楕円形に切り取ります。

ショルダーストラップを通すための穴を2つ開けました。

ショルダーストラップを通すための穴を2つ開けました。

既製品のザックカバーよりも防滴性能が高いかもしれない

雨が降ってきたら、すっぽりとザックに被せます。いったんショルダーストラップを外して、穴を通す手間がかかりますが、いったん被せてしまえば、既製品のザックカバーよりも防滴性能が高いくらいです。

ショルダーストラップを穴に通す。

ショルダーストラップを穴に通す。

なにしろ背中側まですっぽり覆うので防滴性が高いです。ショルダーストラップの穴から少し水が侵入しますが、背中側全体が露出しているよりはるかにマシです。

ザックの中身にアクセスするには、ガバッとたくし上げます。

裾をダクトテープ等で留める

風でバタついたり、めくれ上がったりしないように、裾をダクトテープ等で留めると良いでしょう。留めたり、剥がしたり、1日くらいは粘着力がもちます。

風でバタついたり、めくれ上がったりしないように、裾をダクトテープ等で留める。

風でバタついたり、めくれ上がったりしないように、裾をダクトテープ等で留める。

見栄えをよくするため「耳」を潰す

ザックの天辺にポリ袋の角が耳のように立つのがカッコ悪い気がします。ポリ袋と同系色のテープであらかじめ潰しておくと良いでしょう。

ポリ袋の角を潰す。

ポリ袋の角を潰す。

早めに装着する

雨が降る気配を感じたら、早めに装着して、ショルダーストラップの上部にまとめておきます。ザックによりますが、雨蓋を接続するストラップ等で留めておくと良いでしょう。雨が降り始めたら、さっとカバーできます。

ショルダーストラップの上部にまとめておく。

ショルダーストラップの上部にまとめておく。

近くで見るとこんな感じです。

近くで見るとこんな感じです。

どんなザックカバーを使うにしても、ザックの中身全体をポリ袋に収納することを忘れずに。外側と内側で二重に防滴対策すれば万全です。

とにかく軽くて安価

50リットルくらいのザックなら、家庭用の薄手大型のポリ袋(80cm×65cm=約45リットル)がベストマッチです。

重量は13gくらいです。

重量は13gくらいです。

登山装備
Kamiyama Online

コメント