登山ブロガーが愛用するマウス

登山ブロガーが愛用するマウスはシンプルです。

本当はクリックやスクロールの遅延が一切なく、乾電池を必要としない有線マウスを選びたいところ。でも、さすがにPCまわりの取り回しが悪いのでワイヤレスマウスを選びます。

ワイヤレスをさらに分類すると、次の2種類になります。

  • 2.4GHz帯の電波を利用する無線マウス
    付属のレシーバーをPC側に設置する必要あり。
  • Bluetoothマウス
    最近のノートPCはたいていBluetoothを内蔵しているので、別途レシーバーを必要としない。

デスクトップでは前者を利用しています。今回はノートPC用なので後者を選びました。

マウス本体の形状については手に馴染むことを重視します。

ごちゃごちゃボタン(進む、戻る等)が付いて、誤クリックしそうなタイプは避けます。薄型末広がり型持ち上げる操作がしにくいので避けます。あまりに小型だと、ブレやすかったり、滑りやすい机やテーブルで勝手に動きやすいので、これも避けます。

私が気に入っているのはオーソドックスな左右対称形ズングリ、やや小ぶりな3ボタンタイプです。このたび買い足しました。

外観

パッケージ

外側

内側

本体

上面

底面

電池ボックスの仕様に言及されることは少ないです。

マイナス端子細いバネになっているタイプは使い込むうちにヨレヨレになって、あさっての方向に曲がり、接触が悪くなりやすい。長年使っていたマウスはついにバネが折れて使用不能になりました。

今回買ったプレートになっているタイプのほうが耐久性が高いはず。残念ながら、家電量販店に展示されているサンプル品は電池ボックスがテープでふさがれていることが多く、買う前に確認しづらい。オンラインショップも同様です。

色違いの比較

今回、指名買いしたのは、すでに別色のマウスを利用しており、とても気に入っていたからです。

ThinkPad X220

黒と赤のツートンカラーのマウスは、以前メインで使っていたThinkPadの配色と見事にマッチしていました。

この「ThinkPad X220」はThinkPadマニアなら注目するはず。伝統的な7段キーボードを搭載した最後あたりの機種です。わざわざ中古で購入。OSをWindows10に入れ替え済みでお得でした。英語キーボードを日本語キーボードに交換し、ハードディスクをSSDにすげ替え、着脱可能な大容量バッテリーを買い足しました。

HP Spectre x360 13

シルバーのマウスは、いまメインで使っている「HP Spectre x360 13」とマッチします。

このPCはディスプレイにタッチスクリーンを搭載しているので写真をレタッチしたり、お絵描きしたりするのに便利。ディスプレイを360度回転させれば、タブレットに変身します。バッテリー持続時間が20時間以上なので外出先でたっぷり作業できます。標準で付属するマウスは薄型で使い辛かったので、市販のマウスを利用しました。そのマウスのマイナス端子が折れたので、今回買い替えた次第です。

「ThinkPad X220」「HP Spectre x360 13」とも、キーボードにしっかり Home End PgUp PgDn があるのがポイント。昨今のノートPCはこれらを省略することが多いのが残念です。

まとめ

エレコムの公式サイトを見ると、この型番のマウスは生産終了となっています。「赤」はもはや在庫なし。いまAmazonで「Bluetoothマウス」を検索すると、信頼性の高いメーカー品としてはこのマウスが最安値で表示されます。駆け込みで買えて幸運でした(実は入荷までかなり待たされた)。

四方山話
神山オンライン

コメント