夏の日帰り登山にエアコン用ユニバーサルマルチリモコンが便利です

夏の日帰り登山から帰宅したとき、「エアコンのスイッチを入れて、部屋が涼しくなり、汗が引くまでの不快さ」を避けたい。

家を出る前にリモコンのタイマーをセットする際、時刻を指定するのにボタンを連打したり長押ししたりするのが面倒くさい。ちゃちゃっと「数時間後」を指定したい

タイマーを使いやすくしてくれるリモコン、ここにあります。

操作性がどう変わるか

元のリモコン

元のリモコンだと、[タイマー]ボタンでモード(連続/ON/OFF)を切り替えて、[時間指定]ボタンで時間を5分刻みで進めたり戻したりしました。

ユニバーサルマルチリモコン

ユニバーサルマルチリモコンだと、n時間後にONにしたい場合、[TIME ON]ボタンをn回押すだけです。1~12時間の範囲で設定できます。

メリットとデメリット

帰宅時刻の変化

毎日帰宅時刻が決まっている場合、元のリモコンのほうが便利です。[タイマー]ボタンを押してモードを切り替えるだけで済みます。

しかし帰宅時刻が頻繁に変わる場合、ユニバーサルマルチリモコンのほうが素早く設定できます。ふと思いついてアウトドアショップまで買い物に行ってくる、なんてときには「数時間後」を設定できたほうが便利です。

昨今の社会情勢でリモートワークにいそしみ、しばらく気分転換にファミレスで仕事をする、なんて人にも向いています。

時刻設定の細かさ

細かく時刻設定したい場合、元のリモコンのほうが5分刻みなので便利です。

しかしそこまで細かく時刻設定しないと困る状況がどれくらいあるでしょうか。多少早めに冷やし始める結果になったとしても、電気料金の差はわずかです。

元のリモコンと同時利用ができるので、状況によって使い分けてもよいでしょう。

まとめ

このリモコンは、いろいろなメーカーのいろいろな機種に適合します。メーカーはリモコンの信号パターンをコロコロ変えたりしないので、対応表に載っていないモデルでも動作します。

Amazonの価格が送料込みで千円切り。試してみる価値ありです。

実を言うと、ユニバーサルマルチリモコンを購入した理由は、元のリモコンが壊れたからです。その後、ヤフオク!で元のリモコンと同じモノを入手しましたが、結局タイマーが使いやすいユニバーサルマルチリモコンに戻ってしまいました。

Tips
神山オンライン

コメント