登山装備

登山ピッケル~ピッケルカバーひとつでも操作性を改善すれば登山全体の時短につながる

下山したら、バスがもうすぐ発車しそう。急いでピッケルカバーを装着しよう。うわっ、連結式のテープが硬化していて、凍えた手ではうまく操作できない。ひとまず剥き出しのまま持ち込んで、バスのなかで落ち着いてやろう。……なんて実際にあった話ではありま...
登山装備

異論あり⁉︎ ピッケルのザックへの取り付け方、持ち方、携行方法

雪山の教則本やインターネットでよく紹介されている「ピッケルのザックへの取り付け方」を私は採用していません。その理由について、書いてみます。 また、滑落停止とか、ビレイの支点とか、行動中の「利用法」についてはよく言及されますが、「利用し...
登山装備

登山でサーモコンパスは役に立つのか

雪山復帰の緒戦から戻り、荷物をひろげているとき、ジップオーゲージのコンパス部分が脱落していることに気づきました。別に激しい登攀で岩角にぶつかけたわけでもなく、普通の雪稜歩きだったのに。 定位置その1 ザックの雨蓋のファスナー 女...
登山装備

登山ウールソックス~意外(でもないか)な使い道

ウールの分厚いソックスも断捨離したアイテムのひとつです。無雪期の稜線歩きには軽量なトレッキングシューズに中厚手のソックスを合わせていました。スペック(ウールの混紡率や厚み)を押さえれば、どのメーカーの製品でも大差ないと思うのですが、新品の登...
登山装備

在りし日のノルディカ2542

昔はノルディカ2542という重厚な革製の登山靴を所有していました。当時の定番のひとつでした。高尾山日帰りハイキングから北アルプス積雪期縦走まで、どこにでも履いて出かけました。いつだったか「山と渓谷」で、ガリビエールのスーパーガイド(...
四方山話

長い空白期間を経て雪山に復帰する

東京在住の古い登山愛好家です。IT関連の仕事をしています。 三千メートル級の雪山に復帰したのをキッカケにブログを開設しました。 二十世紀の頃、よく雪山に登りました。主なフィールドは北アルプス、南アルプス、八ヶ岳、谷川岳。...