登山家の腕時計、アナログ派?デジタル派?

登山家の腕時計、アナログ派?デジタル派?

私個人はデジタル派で、さらに言えば24時間表示派です。

名の知れた登山家や冒険家はアナログ時計を称賛することが多い。

その理由は、

  • 時間の経過が直感的にわかりやすい。
  • 太陽の方角と時針を利用すればコンパスの代わりになる。

といったところです。

私はこうした硬派な意見に感化されやすいのですが、「デジタル時計」かつ「24時間表示」を愛用しています。過去の登山経験を振り返ると、そこには必然がありました。

デジタル派に転向した決定的な出来事

学生時代、とある山頂近くの無人小屋に寝泊まりしたとのこと。当時の山日記を引用します。

まだ明るいうち、4時半頃シュラフにもぐりこみ、目が覚めて、ラジオをつけると6時50分。ほんとに? よく眠ったような眠っていないような……。東の空を見るとほの明るい。寝過ごした!? あわててラーメンに切りモチを放り込んでたべる。ところがラジオをよくきくと夜の7時らしい。東の空が明るく見えたのは残照か。6~7時というと、夜でも朝でも通じそうな時間帯だ。ちょうどまずい時に目が覚めたものだ。明日の朝食もたべてしまった。どうしよう。

このときはアナログの腕時計でした。日付の表示がなく、時針と分針と秒針だけの素朴なタイプです。午前6時50分なのか午後6時50分なのか区別がつきません。11月末でしたが標高が高いので遅くまで空が明るく、地平線が赤っぽいような黄色っぽいような色に染まっていました。その方角が東か西かで判定できそうなものですが、垂れこめた雲とガスで拡散し乱反射して、地平線全体が染まっていました。いくつかの偶然が重なり、錯誤を引き起こしました。

この事件でアナログ時計に限界を感じ、デジタル派に転向しました。

デジタル時計では24時間表示が合理的である

1日は24時間なのに、アナログ時計の目盛りは12時間表示になっています。

それは何故か。私が考えるに、ヒトが日常生活を送るうえで便利だからです。朝6時から夕方6時までの短針の動きは、太陽が東から登って西に沈む自然現象(北半球限定)と似ており、日中の活動の進捗をはかるうえで感覚的にしっくりきます。

しかし、デジタル時計に12時間表示をもちこむと、「午前と午後を取り違える」「12時台の表記が混乱する」問題が発生します。

午前と午後を取り違える

アラームを「午前6:00」にセットしたつもりが、「午後6:00」にセットしたら目も当てられません。一度ならずこれで失敗しました。24時間表示なら、「6:00」と「18:00」で間違えようがありません。

12時台の表記が混乱する

メーカーや機種によってちがいますが、

  • 12時間表示の「午前12:15」=24時間表示の「0:15」
  • 12時間表示の「午後12:15」=24時間表示の「12:15」

です。

あれ? 「午前12:15」って、もう「午後」じゃないの? 「午後12:15」って真夜中じゃないの?

どうも納得がいきません。気持ちが悪い。24時間表示ならこの問題は発生しません。

12時間制と24時間制の問題については「午前と午後 – wikipedia」で詳細に考察されています。

個人的にはデジタル時計では24時間表示一択

個人的には、デジタル時計では24時間表示一択だと考えています。12時間表示はアナログ時代の遺物であり、デジタル時計では混乱を招く元でしかありません。

アナログ時計とデジタル時計のはざまにいた世代なので、当初は頭の中で「16時から12を引いて4時だ」と換算する必要がありましたが、数十年もたつと「16:00」を見た瞬間、《太陽が西に傾いて、小学校帰りの子供たちの歓声が響くころ》と感じるようになります。

アナログ時計の余談

時間の経過が直感的にわかりやすい?

目覚まし時計で目覚めたあと、壁掛けのアナログ時計を見ながら、「長針があのへんに来るまでは大丈夫」と惰眠をむさぼることがあります。枕のうえで顔が横倒しになっているので、角度がちがって見えます。目盛りの数字があるので長針の位置を読み違えることはないのですが、あるときハッと気づきます。

「短針が1時間進んでる!!」

ガーン。うつらうつらしている間に1時間が過ぎて、長針が1周していたのです。「直感」は思わぬ錯誤を誘うものです。

太陽の方角と時針を利用すればコンパスの代わりになる?

デジタル時計を利用している人であっても、太陽とアナログ時計で「南」の位置を知る方法を心得ておきましょう。現在時刻を短針の位置に換算して、それを太陽の方角に向ければアナログ時計と同じことができます。

昨今アウトドア仕様をうたう腕時計はたいていコンパス(方位磁石)機能を搭載していますから、ボタン一発でわかるだろうと言われるかもしれません。しかし、「磁気センサーが狂っているのではないか」と一抹の疑念を抱いたときにアナログ方式で答え合わせをできれば心強いでしょう。

なお、北極や南極など高緯度地域で活動する場合、24時間目盛りのアナログ時計がしっくりきます。白夜には太陽は沈まず、水平線近くを360度ぐるりと一周します。大場満朗さんは「南極大陸単独横断行」のなかで、北極では24時間目盛りのアナログ時計を特注し、南極ではさらに太陽の動きに合わせて時針が逆に回る腕時計を特注したと書かれています。

プロトレックを愛用しています

私がどんな腕時計を愛用しているかと言うと、「プロトレック」です。最近流行の「プロトレックスマート」ではありません。20世紀の頃、トリプルセンサー(磁気、圧力、温度)を搭載したDPX-500を購入しました。2007年には「電波ソーラー」搭載したPRW-1300TJを購入し、今日にいたるまで愛用しています。

スーツ着用のオフィスでも、クライミングの岩場でも、汗だくのジョギングでも左の手首に巻き続けてきました。電池切れを気にする必要がなく、日時合わせをしなくても1秒と狂わない便利さを享受してきました。

2017年12月に西穂高岳に登って数日後、液晶画面に「LOW」と表示されるようになりました。一瞬、寒冷地でイカれたのかと思いましたが、寒冷地が初めてではありません。充電不足かと思い、意識的に日光浴させたものの、「LOW」表示が消えてくれません。

どうやらソーラーパワーを蓄える二次電池についに寿命が訪れたらしい。「結局10年くらいで電池が劣化して交換するんだったら、普通の電池でいいんじゃないの?」という素朴な疑問を抱きつつ、家電量販店で電池交換を依頼しました。所要期間は2~3週間と言われましたが、10日ほどで戻ってきました。料金は3,000円+税でした。

次の10年後にはさすがに新しい機種に買い換えます。いや、もっと早く物欲に負けてしまうかもしれません。

まとめ

昨今、「アナログかデジタルか」よりも、「GPS機能」が気になります。カシオの「プロトレックスマート」シリーズやガーミンの「フェニックス」シリーズを横目に見ながら、

  • バッテリー駆動時間にまだまだ不安がある。
  • 雪山(冬山)では手袋を外して見るのが面倒くさい。(胸ポケットのスマホで十分)

と自分に言い聞かせて、物欲をなだめすかしています。

登山用品
神山オンライン

コメント