北アルプス

登山装備

初冬の西穂高岳でこのレイヤリングが通用した

初冬の西穂高岳を登ったときのレイヤリングを紹介します。 山行の詳細は以下の記事をご参照ください。 登頂前日の「登山天気」   予報では気温が-14℃~-11℃、風速が7m~13mです。実際そんなところだったと...
活動記録

初冬の西穂高岳をカジュアルに登る【登頂編】2017年12月22日

テント場 お隣りの方達が動き出したので目が覚めました。それから間もなくスマートフォンがアラームを鳴らしました。テント内の気温は-7℃くらいでした。 好天です。無事戻ってこれますように。 先行者の姿が見えると安心しま...
活動記録

初冬の西穂高岳をカジュアルに登る【入山編】2017年12月21日

なぜ「カジュアル」なのか 初冬の西穂高岳にテント泊で登ります。早起きして、電車とバス、ロープウェイを利用して西穂山荘まで入山し、次の日に西穂高岳を往復し、下山する計画です。一泊二日ですが、ベースキャンプへの帰着が遅くなったら、もう一泊しま...
活動記録

縦走復活! 槍ヶ岳まで歩き抜いた【3日目】【4日目】

2017年10月1日、東鎌尾根から槍ヶ岳へ 大天荘のテント場 一晩寝ると、思ったより体力が回復しました。最悪、水俣乗越あたりからエスケープするなんて案が頭をよぎっていたので、少し安心しました。 大天荘のテント場から槍穂高を...
活動記録

遅筋で登れ! 合戦尾根【2日目】

欲張りな計画 天気さえもてば、表銀座から東鎌尾根を経由して槍ヶ岳に登り、大キレットを越えて西穂高まで、北アルプス南部の岩稜コースを一気に踏破しようという欲張りな計画です。体調不良や天候悪化の際にエスケープするルートは豊富です。食糧と燃...
活動記録

テント泊縦走にあらずんば登山にあらず【1日目】

穏やかではないタイトルですね。あくまで私の好みや信条の話です。 登山の醍醐味は山で寝泊まりすること 露営のための道具、テントや寝袋や食糧や火器は自分の背中に担いで運びます。山小屋に宿泊したり、たとえテント泊であっても食事を山小屋に頼...