登山ウールソックス~意外(でもないか)な使い道

ウールの分厚いソックスも断捨離したアイテムのひとつです。無雪期の稜線歩きには軽量なトレッキングシューズに中厚手のソックスを合わせていました。スペック(ウールの混紡率や厚み)を押さえれば、どのメーカーの製品でも大差ないと思うのですが、新品の登山靴に合わせて、少々こだわりました。

FITSのソックスを指名買いした

これまた「バックカントリー穂高」さんお薦めのFITSエクスペディションブーツを指名買いしました。店長さんは「たまたま洗濯のローテーションが合わず、スマートウールを履いて山に登ったら靴擦れした」とまで言われています。特徴は踵部分が立体的なこと。足を入れると、出っ張った部分にすっぽりと踵がおさまります。靴を脱いだ時に、いっしょに脱げにくいという触れ込みです。日本人の足は欧米人と比べて、踵の出っ張りが小さいので、あまり気にしなくていい気がしますが、その点を度外視しても高品質なソックスだと思います。

東京近辺の実店舗では見かけないので、インターネットで購入しました。

昔はソックスを二重にして履く人が多かった

在りし日の「アイガー」と二重のソックス

在りし日の「アイガー」と二重のソックス

最近は分厚いソックスを一枚履くのが主流ですが、昔は二重にして履く人が多かったようです。私は灰色のロングソックスの上に赤いショートソックスを履くスタイルで長いこと登りました。「無難な灰色」と「差し色に情熱の赤」を意図したような、しなかったような。どちらもロングだと、ふくらはぎを締め付ける力が強すぎて血行が悪くなり、ひいては凍傷になりやすいのではないかと気を回しました。登山靴と接する部分が二重になっていれば保温性は十分です。予備のソックスとして、指先に穴があきかけた古いソックスを持っていきました。履き替え用というよりは、転用を想定してのことです。

上の写真は、北アルプスの涸沢岳頂上で、自分の足です。ニッカボッカ履いてます。余った靴紐を足首に回したあたり、手慣れた感じでいいですね。靴はいわゆる軽登山靴と呼ばれるタイプでブランドは不明。どこかに「EIGER」というロゴが入っていました。学生時代に先輩から譲り受けて履き潰しました。インターネットで「軽登山靴 アイガー」を検索してみたところ、なんと山幸の軽登山靴として、現在でも販売されています。これは欲しい!

穴のあいた靴下を手袋にする

青春を山に賭けて」のなかで、植村直己さんはアコンカグア登山の許可を得るため、軍の司令官の前で演じたこんなエピソードを書いています。

おまけに私の装備ときたら、フランスの登山以来のものだから、ひとさまにお目にかけるしろものではない。毛の手袋は破れて三本の指が頭を出し、毛の下着も破れてボロボロだ。(中略)私は穴のあいた靴下に手をつっこんでみせ、「靴下は足にはくばかりでなく、寒いときはこうすれば手袋のかわりになります」とやった。黒山の人だかりがドッと笑った。

なるほど! 手袋を濡らしてしまい、どうにもならなかったら、ソックスである程度代用できるのです。

ソックスをテルモス(魔法瓶)の保温、緩衝ケースにする

ソックスをテルモス(魔法瓶)の保温、緩衝ケースにする

ソックスをテルモス(魔法瓶)の保温、緩衝ケースにする

私はそこまで極限的な状況に追い込まれた経験はありませんが、もっぱらテルモス(魔法瓶)の保温ケースとして利用したので無駄にはなりませんでした。登山用の安価な魔法瓶は内側がガラス製だったので、緩衝ケースとしても有効でした。ざっくりとした筒状のアイテムは応用がききやすいのです。

コメント