極私的な山岳漫画のおすすめ

極私的な山岳漫画のおすすめについて好き勝手に書き散らします。

村上もとか「岳人列伝」

Wikipediaでは「山岳漫画の金字塔」とまで書かれています。

私がいちばん好きなのは第2話の「裸足の壁」。シェルパの少年が大人になるため「勇者の壁」に挑みます。予想外の氷にはばまれ、登攀用具が尽き、オーバーハングをフリーソロで越えていく少年の運命やいかに。恋愛模様とからめた構成が見事です。最後は少年といっしょに「ラァーリィーーッ!」と叫びたくなるにちがいありません。

この物語は青少年の心をいたく揺さぶるらしく、下宿が同じだったワンダーフォーゲル部の先輩がそのへんに転がっていた細引きをたずさえて、いそいそと裏山の岩場に出かけるようになりました。

もちろん自分も例外ではありません。同じ岩場でちっぽけなフリーソロを敢行して悦に入りました。後年、谷川岳でもっと派手な冒険をやらかして、シェルパの少年の心理を切実に味わいました。そのことはいずれまた書くかもしれません。

塀内夏子「イカロスの山」

全10巻。運よく「Kindle Unlimited 読み放題」で読めました。

冒頭からお馴染みの「ザイルを切る切らない葛藤」が勃発し、ザイルパートナーは恋敵?で、15座目の八千メートル峰が発見されるという息もつかせぬメロドラマチックな展開にニヤニヤが止まりません。

はじめは斜に構えていたのですが、トモ・チェセンの疑惑の登攀をモデルとしたらしい登山家が登場したり、ラインホルト・メスナーのナンガパルバットのように登路がごっそり雪崩れ落ちて同じルートから下山できなくなったり、山野井泰史さん・妙子さん夫妻のギャチュン・カンを彷彿とさせる脱出劇があったり、いつしか夢中になっていました。冒頭の「ザイルを切る切らない葛藤」が実は重要な伏線となっています。作者は最初からそのつもりだったのでしょうか。

時代設定は21世紀ながら、なぜか一部の装備が古めかしい感じがします。そのヘッドランプは豆電球タイプ? そのザックは1970年代のデザイン? 「北壁」を登るピッケルが縦走用だったり、あるコマでは登攀用だったり、複数使い分けたのか? などと考証するのが楽しい。なかでもぜひ詳細を知りたいのが画期的なツェルト。登場人物のコメントによれば「なかなかすごいツェルトだぞ、これ……三浦さん特製の。テントとほとんど変わらん」「遠征が終わったら三浦さん大もうけだな。モニター料もらわんと」。どんな構造・素材なのか興味津々です。

神田 たけ志「氷壁の達人」

全3巻。運よく「Kindle Unlimited 読み放題」で読めました。

実在の人物、山学同志会を率いた小西政継さんの「凍てる岩肌に魅せられて」(毎日新聞社,1971年)を下敷きにしたとされています。私は同氏の全著作のうち、たまたまこれだけ読んでいません。どこまで原作を忠実になぞっているのかわかりません。

第1巻で、長谷川恒夫さん森田勝さんを足して二で割ったような名前と風貌の森川というクライマーが登場し、谷川岳・滝沢第3スラブ冬季初登を目指します。「戦中派」という設定は実在の人物と乖離しており、描き手がかなり想像(と創造)を膨らませたと思われます。谷川岳の遭難者を回収する「サルベージ屋」の鬼気迫る様もどこまで実話に基づいているのやら、「凍てる岩肌に魅せられて」を読みたくなりました。

こんな渋い漫画を描く作者はどんな方なのでしょうか。ご自分でどれくらい登山や岩登りをされるのでしょうか。第1巻で小西が初めて谷川岳を登攀するとき、オープンハンド気味に岩をつかむコマがあるのですが、小指だけ反らし気味になっているリアルな筆致を見たとき、思わず「うわ、この作者ガチや」と思いました。

余談ながら、第1話の扉でくわえ煙草で岩壁にもたれる主人公の絵は、山学同志会の後輩・小川信之さんの写真をモデルにしています。「ボクのザイル仲間たち」という本で見たことがあり、すぐに気づきました。

信濃川日出雄「山と食欲と私」

現在進行形。5巻まで「Kindle Unlimited 読み放題」で読めました。

1話ないし数話で読み切りの短編集なので、どこから読んでも良い。

第1巻だけマニアックにレビューしたことがあります。

『山と食欲と私』第1巻をマニアックに読む
『山と食欲と私』という漫画があることは知っていましたが、これまで秒速でスルーしてきました。 まず「部屋とTシャツと私」的な、いかにも狙った風のタイトルが拒絶反応を誘うではありませんか。古い登山愛好家にとっては、自動的に「ランド...

私が愛用するスノーピークのギガパワーストーブ「地」(しかも旧型)を主人公の日々野鮎美が使っていることに気づき、とたんに親近感をおぼえました。鮎美は一時期、イワタニプリムスの「115フェムトストーブ」に浮気したものの、その後また「地」に戻ったりして、目を離せません。

ことほどさように山岳漫画を読むと登場人物が使っている装備のメーカーやモデルが気になって仕方がありません。この漫画は背景や道具が丁寧に描かれており、マニアの目を楽しませてくれます。

石塚真一「岳」

あまりにもメジャーになって、右も左も「岳」一色。映画化までされたこと(小栗旬が主演という時点でorzを誘う)や、物語設定からして美談のオンパレードになりかねないことへの反発心から、いまだに全巻読破してやろうという意欲がおきません。全巻読んでいないので、正当な評価はできません。

「岳」のモデルになった実在の人物・宮田八郎さんの「穂高小屋番レスキュー日記」こそ、ぜひ読んでほしい。独自の視点から山岳遭難とレスキューが語られています。この本を読む前と読んだ後では山岳遭難、そして山小屋についての見方が変わるはずです。

坂本眞一「孤高の人」

新田次郎の不朽の名作岳人必読の書孤高の人」と同じタイトルですが、内容はまったく別物です。まったく別物なのにあえて原作をリスペクトする思いを込めることが悪いとは思いませんが、インターネットで「孤高の人」を調べると、検索結果にこの漫画がずらりと並びます。混乱して困ります。

「岳」とは別の意味で全巻読破しようという意欲が湧きにくい。どっぷりハマるのが怖い。雑誌連載時に一部を読んだだけですが、内容が重そうだな~しんどそうだな~という先入観があります。いや実際、重くてしんどいにちがいない。読後の爽快感は期待できそうにありません。

とても「おすすめ」する資格はありませんが、いつか読破したいナンバーワンです。「Kindle Unlimited 読み放題」に登場することを期待します。

まとめ

この記事は新しい山岳漫画を読んだら、追記していきます。

Tips
神山オンライン

コメント