雪山登山用ランタン遍歴

カメヤマロウソク

学生時代のワンダーフォーゲル部では、ランタンを使った記憶がありません。そんな贅沢品?はそもそも装備の候補にあがりません。存在を知らなかったと言っても過言ではない。なにせ火器(この言い方もかなり特殊ですが)として、「ラジウス」とか「マナスル」とか呼んでいた灯油ストーブを使っていました。当時すでに時代錯誤の趣がありました。

テント泊の明かりは、ゴーゴーと燃える灯油ストーブの炎と、その青い収納缶におっ立てたロウソクの炎です。ロウソクは登山用品店で売られているような太いやつではなく、なぜか神仏用のカメヤマロウソクでした。

青い収納缶はゆったりサイズの灰皿としても機能しました。酔いどれた先輩がおぼつかない手元でタバコの穂先をトントンと打ち付けた拍子にロウソクが倒れると、すかさず後輩が蝋を垂らして立て直しました。

イワタニプリムス「2245ランタン」

先進派の先輩が現役引退後、個人山行でイワタニプリムスの2245ランタンを持ってきたときには一同どよめきました。谷崎潤一郎的な陰翳礼讃の世界に西洋文明がもたらされた瞬間です。

私は当初、冷めた目で眺めていましたが、やがてその優秀さを認めざるを得ませんでした。単独行だと荷重になるので悩むところですが、パーティー登山ならこれをひとつ荷物に加えれば一気にテント泊が快適になります。

  1. 単に明かりとしてだけでなく、暖房効果がある。
  2. 炊事用で火力の弱まったガスカートリッジを使い回すことができる。

特に後者の「ガスカートリッジを使い回す」あたり、システマチックな運用ができるのが素晴らしい。炊事用には火力が弱すぎても、ランタンなら使い切ることができます。ヘッドランプ用としては弱くなってしまった単三電池をラジオ用に使い回すのと同じテクニックです。

もっとも、くだんの酔いどれ先輩が何を思ったのか、ランタンの天辺でタバコの灰をトントンしたときには、先進派の先輩は固まって身動きができなくなったそうです(学年は、酔いどれ先輩先進派の先輩)。使う場面を慎重に検討する必要があります。

UCOランタンキャンドル

単独で雪山をよく登っていた頃、UCO(ユーコ) のミニランタン用のスペアキャンドルを裸で使いました。

本来はこの中にセットして、床に置くか、天井に吊るします。

裸とは言っても、テントの床に直に置くわけにはいかないので、アルミ製の浅い空き缶のなかに置きました。風で少々テントが揺れても、蝋が床にこぼれずにすみます。最軽量のランタンキャンドルシステムでした。

だいたい一泊につき一個を持っていきます。分量を計算しやすいのが好都合です。うっかり寝落ちしたあいだもチロチロと燃え続けて、ふと目を覚ました時にテント内を照らし続けているのを見るとほっとしました。子供が真っ暗な室内で眠れないのと同じ心理だったかもしれません。孤独な夜の精神安定剤として作用していたように思います。

EPI「マイクロスーパランタンオート」

1989年に発売されたEPIのマイクロスーパランタンオートを購入し、しばし文化生活を楽しみました。

現行製品ではこれが近いです。現物は断捨離してしまいました。

イワタニプリムス「ジュニア ランタン」

北海道の岩場をクライミングツアーしたとき、入手しやすいカセットガスに合わせて購入しました(ジュニアコンパクトバーナーも同時購入)。登山用としては重い(280g)気がしますが、2245ランタン(200g)の1.4倍程度です。

スノーピーク「天」

これを購入してから、EPIのランタンを断捨離しました。

自分は「地」を絶賛しましたが、「天」については改善の余地が大いにあると思います。

私がスノーピークのギガパワーストーブ「地」を愛する理由
外観 お湯を沸かすだけなら、ジェットボイルを持っていきますが、コッヘルやフライパンで炊事する場合にはスノーピークのギガパワーストーブ「地」を持っていきます。 白を基調としたガスカートリッジとあいまって、外観のデザインの美...

ランタンシェードは摺りガラスのほうが良い

読書のかたわらに灯したりすると、どうしても強い点状の光が気になります。やはり摺りガラスで拡散させてほしいです。

マントルの品質に問題あり

ガスランタンはマントルが命です。最近はどうかわかりませんが、以前販売されていた純正のマントルは今ひとつキレイな球形に整えにくかった。

代わりにイワタニプリムスの2245ランタン用のマントルを流用していました。

ヘッドランプオンリーへの回帰

雪山に復帰して、昔と大いに変わったことの一つが、このランタン問題です。パーティー登山や、無雪期登山なら、ガスランタンを持ち込みますが、単独で雪山となると、やはり装備から外してしまいます。

では、また「裸のランタンキャンドル」方式を採用しましょうか。いやいや、現代にはもっといいものがあります。

その名は「LEDライト」。

昔は、ライトと言えば球切れを起こしやすい豆電球が使われており、光量は今一つ、電池持ちも今一つ、球切れしやすい、と三拍子そろっていたので、点けっぱなしにすることは考えられませんでした。

LEDライトは明るく、電池の消費が少ない。暖房目的には使えませんが、ガスランタンのように取り扱いが繊細でないところが良い。

とは言っても、LEDライトを使ったランタンは今のところ導入していません。LEDヘッドランプを流用しています。

モンベルのクラッシャブル ランタンシェードを買ってはみたものの

LEDヘッドランプをランタンとして使う、となると、モンベルのクラッシャブル ランタンシェードが視野に入ってきます。私も当然のごとく購入しました。

パリパリとした紙のような手触りです。


最奥にはアルミ蒸着した円錐形のギミックがあります。ここで指向性の強いLEDの光を拡散します。

手持ちのヘッドランプはBlack Diamond「スポット」の初期型です。最近の製品と比べると光量が控え目なので、ランタンシェードを被せると、光が拡散するメリットより、暗くなるデメリットのほうを強く感じてしまいます。テントの天井から反射するほどの光量がないため、コッヘルの煮立ち具合や食器の中身を確認しづらいです。

光量の大きいヘッドランプを買ったら、また試してみたいと思います。

ランタンシェードの代用品

単に光を拡散するだけならこんな方法があります。

白いレジ袋をかぶせる。

テントの天井ループなどに吊るしてもいいですね。

ペーパータオルをくしゃくしゃにしてかぶせる。

テーブルランタン?専用です。

テントのベンチレータ

私が愛用するゴアライトテントには天井ループの類が一切ないため、ランタンを吊るすことができません。そこで思いついたのが、ベンチレータを内側に垂らして、そこにヘッドランプを置く方法です。モスキートネット(メッシュ)がランタンシェードのようにある程度光を拡散してくれます。

この方法を発見したときには世紀の発見くらいに自慢したくなりました。

小型軽量ランタン最新事情

就寝中にヘッドランプを頭に巻いたままでも気にならない(ヘッドランプが行方不明になることがない)ので、今のところヘッドランプオンリーですが、気になるモデルがいくつかあります。

ブラックダイヤモンド / オービット

主要なスペック

重量 132g(電池含む)
使用電池 単4アルカリ電池×4個(約44g)

レビュー

登山用LEDランタンのリファレンスモデル。重量、明るさ、価格など、この製品を基準に他製品を検討するとよいでしょう。本体重量は88gと推測されます。

参考リンク

パナソニック / LEDランタン

主要なスペック

重量 140g(電池含む)
使用電池 単3電池×3個(約69g)

レビュー

実売価格は最安で1,000円以下。エボルタ電池(単3電池×3個)が付属し、お得感が強いです。本体重量は71gと推測されます。

参考リンク

BLACK WOLF / マルチLEDランタン

主要なスペック

重量 70g(電池含まず)
使用電池 単4電池×3個(約33g)

レビュー

とにかく安価(590円)。登山用ヘッドランプでよく採用される「単4電池×3個」仕様と相性が良い。ヘッドランプには常に新品の電池を入れて、このランタンには使いかけの電池を入れて使い切るという運用が可能です。

参考リンク

ランドポート / ソーラーパフ

主要なスペック

重量 75g
使用電池 太陽電池

レビュー

昼間の行動中にザックの外側に取り付けて充電し、夜間にランタンとして利用できます。軽量、折り畳み可能、防水(水に浮かぶ)、ランニングコスト不要という完成度が高い製品です。

参考リンク

ルミンエイド / パックライト マックスUSB

主要なスペック

重量 165g
使用電池 太陽電池(2000mAhバッテリー内蔵)

レビュー

前出の「ソーラーパフ」のそっくりさん。USB経由で1~2時間、ソーラーパネルで12~14時間でフル充電できます。モバイル機器に給電(5V、2.4A)できます。内蔵バッテリーの容量は2000mAhで、たいていのスマホを50%くらい充電できます。

参考リンク

Superway / LEDランタン

主要なスペック

重量 186g
使用電池 USB充電式の5,200mAhモバイルバッテリー内蔵

レビュー

LEDランタンとモバイルバッテリーを兼ねることができます。

参考リンク

スノーピーク / ゆきほたる

主要なスペック

重量 65g(電池含まず)
使用電池 単4アルカリ電池×3個(約33g)

レビュー

シリコン製のレンズカバーが変形して、集光モード(ヘッドランプ)と散光モード(ランタン)を使い分けます。吊り下げ用のフックを備えています。2012年に「EDITORS’ CHOICE AWARDS」を受賞しました。

参考リンク

SOTO / プラチナランタン

主要なスペック

重量 210g
燃料 ガスカートリッジ

レビュー

「マントルのような空焼きの手間、破損する心配が不要」なプラチナ発光体を使用。軽量化に期待したいところです。

参考リンク

テントの天井ループにランタンやヘッドランプを吊り下げると、炊事の熱が集中してプラスチックが溶けるおそれがあります。また、炊事中の鍋にポットンする心配も拭えないのでご注意ください。

変更履歴

  • 初公開(2018年1月15日)
  • 「小型軽量ランタン最新事情」を追加しました。(2018年8月9日)
登山装備
Kamiyama Online

コメント